2017-07

7/9

こんにちは

7月になりましたね~。とりあえず、蒸し暑いっす。暑いのは大キライなので、早く涼しくなってほしいです・・・・って、まだまだここから暑くなるんですけど・・・・・

さて、

16年ブリードの個体も羽化してきていて、その「羽化個体の処分をどうするか?」っていうのが問題なんです。

他の多くのブリーダーさんも、そうでしょ?


ちなみに、

去年までの2年間は、ヤクルトのお姉さん(?)のルートを活かして小学生に成虫を配ることで一括処分していました。

一方、今年は、知り合いが「販売ルートがある・・・・」ということで、その知り合いに処分を依頼することにしました。

ま、タダで配るより少しでも回収できた方が良いですからね・・・・

で、

その知り合いに成虫を送る期日の第一弾が水曜あたりなのですが・・・・・

知り合い曰く、「84mm以上の個体は第1弾で、第2弾は販売ルートが変わるから84mm以下になる・・・・」と。

・・・・ってことは84mm以上の個体は、水曜までに処分を考えないといけません。

そんなわけで、同じくこのルートを使って成虫を処分するFdさんに「どのレベルまで処分したら良いか?」を相談すると・・・・

Fd氏曰く、「自ブリ分は86mm台以下は処分してOKですから・・・・」と


マジっすか?<Fdさん


いやいや、能勢ならそういうのも普通なのかもしれませんが、我々は久留米ですよ?

・・・・と思いつつ、僕もかっちゃんもFdさんに付いていくしかないですから、Fdさんが処分と言ったら、処分してもOKなんでしょう~。

とりあえず、第1陣の期日が水曜日なので、ちょっと掘り出しを急がないとイケマセンね~。

そんなわけで、幼虫投入が終わって一段落・・・・と思いきや、7月も忙しい日々が続きます。

















スポンサーサイト

5/8

こんばんは

GW休暇も終わりましたね。この休みの間は趣味三昧の日々を過ごしていました。

もっとも、趣味の1つであるオオクワブリードの方は、ペアリングの残りを少々とゼリー交換をしたくらいで余り時間をかけておりませんで、大半は残り2つの趣味に費やしていました。

ま、それはさておき・・・

とりあえず、今日、種付け依頼先から♀が戻ってきて全ての♀が揃いました。

僕の方でのペアリングに関しては、自己ブリード分25ライン、種付け依頼分7ラインの計32ラインを事故なく済ませることができ一安心です。

一応、自己ブリとしては今年は28ラインを組む予定でいます。

もう既に産卵セットを組んでおられるブリーダーさんも大勢おられるようなので、「我が家は、ちょっと遅いのかな?」と少々、不安にかられることもありますが、まぁ、セットを組むのは未だもう少し先になります。

ホントは次の週末にでも・・・・といきたいところですが、次の週間は東京に遊びにいく予定を入れてしまっていました・・・・

そんなわけで、セットを組むのは今月末あたりですかね・・・・・

なんかヤル気が余り感じられないように思えるかもしれませんが、本人は一応、今年も気合い入れてブリードするつもりでいるんですよ。

ちなみに、連休中、体のあちこちが痛かったのは、僕もコースアウトが原因ではありません。




3/21

こんにちは

最近、特にネタは無いのですが、次のクワネタ(オフ会)まで、まだ少し間があるので、とりあえず広告対策でエントリUPしておきます。


さて、

先週末は、黒王さんと会ってました。

2週間前にも会っているので久々感は全くないです(笑)

17年も僕がお会いするブリーダーさんの中で、回数では黒王さんがブッチギリで多いでしょうね~。

ちなみに、2番手は、かっちゃんでしょうか?

昨年まではKOKメンバーのシナンジュ改、gatch、アプロ氏の誰かでしたが、新鋭現る!という感じですね。

とりあえず、今現在で4回ほど、オフ会への参加が決定しているのですが、このペースでいくと今年は、結構な回数のオフ会に参加できそうです。

ま、そのほとんどがここ2年くらいのお馴染みのメンバーとのオフ会になると思います。

新たなブリーダーさんとの出会いも良いんですが、お馴染みのメンバーとの集まりは安心感があるので良いです。

別に、見知らぬブリーダーさんと出会いたくない・・・というわけではないですよ。

かっちゃんも、去年の秋頃、初めてお会いしたブリーダーさんですから。

今年も多くはないですが、新たな出会いはあると思います。











3/2

こんにちは

よ~やく・・・・という感じですが、早期♀の掘り出しを行いました。

全11頭で完品は10頭、1頭は少し羽が開いています。

サイズは・・・・面倒なので計測していません・・・・・

僕が使用するのは数頭の予定ですから、ブリードに使用する♀が決定したら(←ほぼ決定していますが・・・)、その使用する♀のみサイズを測りたいと思っていますが、パッと見た感じでは50~52mmくらいですかね?

ま、サイズは50mmもあれば十分でしょう。

早期♀の予約をされている方で、サイズが気になる方は、お手元に届いたら、ご自分で計測してください(笑)

もちろん、僕のブリード個体なので100%マツノ久留米血統ですし、全ての早期♀に886系の血が入っていますので、ポテンシャルはあると思います。



さて、早期羽化♀をどうするか?

おはようございます。

「どうするか?」って、もちろん、17年ブリードで使用するために早期羽化させているわけですから使用するのは当然なのですが・・・・

久留米には未だ表・裏という区別があったりで、17年は表年になるわけです。

そんなわけで、17年は通常羽化した♀個体をメインに使用し、早期羽化♀の数は3~4頭に絞る予定でした。

しかし、16年ブリードの早期♀使用の狙いは、久留米では裏年と言われる16年に表年の個体を大量に持ってきて裏年の表化を図ることでありまして、事実、3本目交換時の♂の体重乗りから判断するに、その狙いはある程度、成功したと言えます。

そんなわけで、途中経過ではありますが・・・、16年ブリードの経過を見る限り、「僕のところでは表・裏の区別はかなり解消されたのではないか?」ということで、17年ブリードにおいても16年ブリードの♀を早期羽化させた個体を積極的に使用していきたいと考えなおしました。

とりあえず、17年ブリードに向けて仕込んだ早期♀のラインナップです

早期羽化170117
(一部、複数いるラインあり)

15年ブリードでは30頭くらい早期♀を仕掛けたのですが、16年ブリードでは前述のとおり、元々、そんなに数を使用する予定では無かったこともあって仕掛けている頭数が少ないです。

そんな中でも、割と3本目交換時の♂の体重が乗っているラインの♀の早期を仕掛けていることができているので、良かったなぁ~と思います。

ちなみに、1606は、平均体重が他のラインに比べてやや見劣りしますが、これは1頭だけ27gという♂がいまして・・・、こいつが平均値の下げに大きく寄与してくれています。そのイレギュラー的な個体を除けば平均体重も他に見劣りするものではありません。

この中から7頭くらいを17年ブリードで使用したいと考えているのですが・・・

さて、

どのラインの早期♀を使用するか?

どういった組合せにするか?

僕的には、もうある程度は決めているのですが、来月中旬あたりに、複数の久留米ブリーダーさんとお会いする機会がありますので、その時に、色々、情報交換をして、それも判断の材料として加味したいと思っています。






«  | ホーム |  »

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

mind

Author:mind
国産オオクワ、中でもマツノ久留米系統に拘ってブリードしています

カテゴリ

はじめに (1)
ときどき雑感 (45)
14年久留米 (14)
15年久留米 (20)
16年久留米 (13)
17年久留米 (1)
組み合わせ (2)
マツノインセクト (17)
マツノ久留米 (1)
kmf通信 (2)
関西大鍬形研鑽会 (12)
オフ会 (18)
用品&設備 (13)
その他いろいろ (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

アクセス数

RSSリンクの表示

QRコード

QR