2017-05

kmf通信 2

おはようございます。

kmfの17年ブリードに向けた黒王氏よりの補強個体のリストです

16年黒王補強

kmfの3名の補強はマツノインセクトと黒王氏からの調達がメインで、後は3名の間で個体のやりとりをするのみで、補強先が限られていますが、現状はこれで十分でしょう~。

将来的な補強については、皆、その時、考えればOKと思っており、とりあえず、今は、少しでも大きい個体を羽化させることができるように、しっかりブリードするのみです。


スポンサーサイト

kmf通信 1

おはようございます。

kmf・・・・・

k:かっちゃん

m:mind

f:fishdoctor

グループ名というほどではないですが、便宜上、アルファベットを適当に並べました。

さて、

以下が、kmfの17年ブリードに向けたマツノインセクトよりの補強個体のリストです

mkf161009.jpg

※補強個体にはマツノインセクトよりの幼虫補強を含みます


・1番の♀6頭はちょっと買い過ぎ感もありますが、kmfの本年度の補強戦略の1つとして11-23系の層を厚くする・・・・というものがありまして、11-23の流れを組む1番ラインの♀は大量補強となりました。そういう意味では51番の♀5頭も同じような流れです。


・87ミリ同腹の4番は♀2頭のみですが、4番の配合である13-16×13-1の組み合わせは、コチラでも同配合のブリードをしていることに加え、これはまたいずれ紹介させていただくことになりますが、kmfのもう1つの重要な補強先である黒王氏が同配合で88ミリを排出されておりますので、そちらの♀を補強しておりますので、これで十分と考えております。


・8番はマツノさんのところでも特に♀の数が少なく87mmラインとしては貴重なラインなのですが、kmfでは早い段階で、11-25系(13-37、13-40)の8番ラインに注目していたこともあって、なんとか♀2頭を確保することができました。ちなみに、黒王氏のところでも8番の♀が存在します。


・さて、話題の59番です。この組み合わせは2回目採卵の56番では全く幼虫が採れず・・・・ということで、幼虫が採れたのは59番のみ。その59番も羽化個体が♂4頭、♀が6頭と非常に数が少ないものの、♂は88、87×2、86という非常に優秀なラインです。

59番で世に出た個体は♂♀合わせて5頭。そのうち4頭をkmfで入手することができたのはラッキーでした。残り1頭もkmfの良きアドバイザーである黒王氏の下にありますので、この59番を使用したラインから、なんとか良い個体を排出したいものです。


以上が17年ブリードに向けたマツノインセクトよりの補強個体です。


«  | ホーム |  »

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

mind

Author:mind
国産オオクワ、中でもマツノ久留米系統に拘ってブリードしています

カテゴリ

はじめに (1)
ときどき雑感 (43)
14年久留米 (15)
15年久留米 (20)
16年久留米 (14)
マツノインセクト (15)
マツノ久留米 (1)
kmf通信 (2)
関西大鍬形研鑽会 (10)
オフ会 (18)
用品&設備 (13)
その他いろいろ (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス数

RSSリンクの表示

QRコード

QR