2014-09

15年ブリード用補強♀個体

こんばんは

15年ブリード用に補強した♀個体については移行前のLDブログで2頭のみ紹介しましたが、今回は全個体の紹介です。もちろん、生体の画像はなく管理カードのみですが・・・


まず、マツノインセクトより

13-1
13-1♀

11-8番86mm直仔 


13-4
13-4.jpg

♂親は11-5番の84mm、♀親の11-23番は同腹に85mmを排出しているラインの組合せ


13-12
13-12.jpg

本年度 86mm同腹

このラインは血統背景が他の補強個体に比べやや異色なのが良いです。


13-14
13-14.jpg

本年度 85mm同腹


13-15
13-15.jpg

10番台に良いラインが連発している13年マツノ久留米にあって、当15番はやや地味な感がありますが、♂親は11-5番、♀親は11-8番なので個人的に期待しています。


13-16
13-16♀

本年度 86mm同腹


13-21
13-21.jpg

♂親11-1番、♀親11-8番の組合せは黒王氏884と同配合


13-31
13-31.jpg

なんとなくチョイス・・・・(笑)

でも、この♀は、結構、期待しているんですよ。


13-37
13-37.jpg

幼虫時、♂個体の体重の乗りが良かったライン。但し、結果にはイマイチ結びついていない・・・

さて、どうなるか?

13-41
13-41.jpg


13-48
13-48.jpg

10月割り出し(1本目投入)のライン

10月投入ラインはmasaさんも別ラインでゲットされていますが、種親の血統背景と幼虫の生育期間を考慮すると、サイズには表れない面白さがありそうです。


続いて、gatch氏より

gatch52.jpg

gatch53.jpg

マツノ久留米♂11-8と♀11-5の組合せ

85mmを2頭作出、うち1頭は頭幅30mm超えのラインより同腹の♀を2頭


最後に、黒王氏より

黒53

黒王氏 88.4mmの同腹個体


♀個体は上記14頭です。♂、♀共に全体的に見れば11年の1番、5番、8番、23番が絡むラインが多いですが、これについては松野さんにも相談した上での補強です。

ちなみに、黒王さんの話では、黒王さんも11年は1番、5番、8番そして23番をゲットしてブリードされたとか・・・・

押えるところは、しっかり押さえてるあたりは流石ですし、これまた結果に結びついていますからね~。


さて、

昨年のように、単に種親を購入する段階から脱却し、今年は、少し真剣に種親をチョイスするようになりましたが、前エントリの♂個体もそうですが、♀個体もなかなか良い補強が出来たと思います。

15年ブリード用種親については、これで補強は完了です。

ペアリングも既に決めていたのですが、もう少し再考します。最終決定はやはり来期のペアリング前になるでしょうね。

ま、時間はまだまだありますから。

まずは、本年度のブリードの管理をしっかり行います。





スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

mind

Author:mind
国産オオクワ、中でもマツノ久留米系統に拘ってブリードしています

カテゴリ

はじめに (1)
ときどき雑感 (46)
14年久留米 (14)
15年久留米 (20)
16年久留米 (13)
17年久留米 (1)
組み合わせ (2)
マツノインセクト (17)
マツノ久留米 (1)
kmf通信 (2)
関西大鍬形研鑽会 (13)
オフ会 (18)
用品&設備 (13)
その他いろいろ (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

アクセス数

RSSリンクの表示

QRコード

QR