2014-09

汚染・・・

こんばんは

まず、最初に断っておきますが・・・

本エントリはマツノ久留米に興味のない方にはど~でもいいような内容です。

・・・・っていうか、普段からそうなんですけどね・・・・


さてさて、

2本目への♂交換もサクっと終了したために、再び、15年ブリードのペアリングなんぞを考えている今日この頃です。

そんな中、

今朝、既に決めていたペアリングを若干、修正した新たなペアリングを決めたばかりなんですが・・・・・


昼くらいから、虫蔵氏とメールのやり取りをする過程で、ちょっと新たな視点を教えてもらったので、今朝、決めたばかりの15年度ペアリングは早くも無用なものとなってしまった感があります。


その虫蔵氏の指摘とは「11-1が入っていて11-8が入ってないラインが将来的に必要になってくる・・・・」というものです。


既にご存知の方も多いかと思いますが、僕の来期ブリード用の補強は、かなり11-8が絡んだラインが多いです。松野さんからの直接購入分はもちろん、gatch氏からの単♀補強、そして黒王氏からの884同腹のペア補強は11-8が絡んでいます。


虫蔵氏の指摘は将来的なアウトブリードを考えた場合、非常に納得のいくものです。このへんは経験値の差といいますか・・・、単純に良さそうな個体を掛けあわせていけばいいじゃん!って思ってる僕には考えが及ばないところです。


さて、

僕の来期の種親構成の中では、11-8が絡んでいないラインとして、13-12♀と13-16♂♀の2つの86mm同腹ラインが非常に重要になってくるようです。

それ以外では、13-4♀、13-14♀あたりも血統背景や同腹サイズを考えると重要になってきますかね・・・

このあたりの個体を利用して、僕もちょっと11-8が絡まないラインを将来のアウト用に作っておこうと思います。

もちろん、9-4番86mmの直仔である12-1も種親として再登板させますので、このあたりでも作ることは可能なんでしょうが・・・・


ちなみに、当初の予定では、上記13-4、13-12、13-14、13-16は見事なくらい11-8の流れを組む個体とペアリングさせる予定でした。


もう完全に脳内が11-8系に汚染されてるとしか言いようがないような・・・・(笑)


ちなみに虫蔵氏のアドバイスとして10-14も重要になってくるんではないか?と。


12年の個体のうち10-14の流れを組む個体が我が家にいると良いんですけどね~。


あとは、他力本願で黒王氏に「11-1が入っていて11-8が入ってないラインを作っておいてください」とでもお願いしてみるかな・・・(笑)

ちなみに、余談ですが・・・

黒王氏は11-8ではなく、11-1推しなんですよね。もう少し言うと、13年については、複数のブリーダーさんの中で評価の高い13-14ではなく13-16を推されてます。

このあたりは13-14ではなく、13-19を推す虫蔵氏も近い感覚があるのでしょうか?

・・・・って、上記のこと書いていいのかな?

ま、良いことにしておきましょう~。


とりあえず、まだまだ決める必要はないのですが、色々考慮要件があると悩みも増えて楽しいです。

15年ブリードのペアリングは再考します。






スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

mind

Author:mind
国産オオクワ、中でもマツノ久留米系統に拘ってブリードしています

カテゴリ

はじめに (1)
ときどき雑感 (48)
14年久留米 (14)
15年久留米 (20)
16年久留米 (14)
17年久留米 (4)
組み合わせ (2)
マツノインセクト (19)
マツノ久留米 (1)
kmf通信 (2)
関西大鍬形研鑽会 (14)
オフ会 (19)
用品&設備 (13)
その他いろいろ (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

アクセス数

RSSリンクの表示

QRコード

QR