2014-10

10/31

こんにちは

今日はマツノ久留米12-1が絡むライン(1401~1403)を中心に交換をしました。

とりあえず、今回の交換では、前回エントリでも述べたように、早期羽化再チャレンジ個体の選抜が重要となってくるわけですが・・・・

結果から言いますと、オアシス投入分は余り体重は乗ってませんでしたね~。MAXで14グラム台です。

一方、LEVIN と E24 に投入した分は、まずまずの個体が出てきました。

この点、1403ライン(12-1×12-12)は、オアシス と E24 に投入しているのですが、E24 投入分は全て♂個体ということになっていまして・・・、そんわけで、1403ラインからの早期羽化用個体の選抜は諦めました。

代わりに、1402ライン(12-1×12-5)から2頭、早期羽化用個体として選抜し、更に、先の早期羽化チャレンジでもチョイスした1401ライン(12-1×12-4)から1頭選抜しました。


140120  16.2g

140210  16.2g

140212  15.9g


上記 3頭を早期羽化に回します。

杢目さんには「早期羽化を使う予定であれば、成功を前提に種親にするのに見合った体重の個体で挑戦すべし!」という言葉をかけてもらいましたが、上記3頭なら、まぁ、体重的にはそれほど問題はないのではないか・・・と思います。



さてさて、話は少し変わって・・・、

当初、食痕の出が悪くて、「ほとんどが♀個体なんじゃないのか?」と心配された1402ラインですが、今回の交換で、とりあえず、♂が3頭出てきました。

140208   32.6g

140209   30.8g

140211   32.0g


既に1本目投入から4か月半が経過しているので、幼虫体重的には、「まぁ、そんなもんでしょ~」って感じですが、幼虫の色的には、まだまだ伸びそうな色をしていますので、ここからの更なる伸びに期待です。

菌糸は全てE24です。オアシス投入分は、9月に交換した♂1頭を除き、まだ交換していません。

この3頭の♂のうち2頭は今月中旬頃から急に食いあがってきたような感じでしたね。E24は幼虫の食い上げをスローペースにするようなタイプの菌糸なんでしょうか?(笑)

ちなみに、未交換のオアシス分は、まだまだ白い部分がいっぱいです(笑)

・・・・って、笑ってる場合じゃないんですけどね・・・・



ちなみに・・・

画像はありません。

いつも使用している計測器の不具合により、急遽、仕事で使用している計測器を使用しました。この計測器・・・、いつも使用しているモノより性能は格段に上なのですが、ちょっと大きすぎるので、「これを画像としてUPするのはいかがなものか?」と思い画像撮影をしませんでした。

ごめんなさい。







スポンサーサイト

10/28

こんにちは

10/3のエントリで早期羽化にチャレンジしていると書きましたが、3頭のうち1頭が蛹化しました。

う~ん・・・サクっと蛹になっちゃいましたね・・・

ちょっと想像以上に早すぎな感じです。

残り2頭も、シワが入ってきているように見受けられるので蛹化も近いのかな?


ちなみに、10/3のエントリでも書きましたが、これら3頭は2本目交換時での体重のノリはイマイチだったので、仮に羽化してもサイズは余り期待できません。

実際に蛹化した個体もかなり小さいように見えますしね・・・



さてさて、

「とりあえず・・・・」のつもりでやってみた早期羽化ですが、現在の構想としては戦力として来期ブリードに組み入れる気持ちでいっぱいです。

なんとか50ミリくらいの個体が欲しいです。ただ、今、蛹化している個体ではちょっと厳しそうです。

そんなわけで、ここ数日のうちに残りの♀個体の菌糸交換をする予定なのですが、その中から更に早期羽化向けの個体を選抜しようと考えています。

マツノ久留米12-1番が絡む♀個体を来期ブリードに使用したいと思っているので、前回と同じ1401ラインに加え、今回は割と好調な報告を受けている1403ラインからも選抜するつもりです。


とりあえず、1月中のやや早期羽化を目指して再度チャレンジしたいと思います。


10/21(やや訂正版)

ちょっと手のひらに個体を乗せて画像を撮ってみたかったので、画像を差し替えました。

エントリ本文は訂正しませんので、画像と本文との間に不都合があるかもしれませんが、そのへんはスルーしてください。



こんばんは

黒王さんから「来期ブリード用の種親画像を・・・」という指令がやってきました。

以前にアプロさんからもリクエストがありましたが、その時は、簡単に撮ってLINEで画像を送って済ませましたが・・・・

今回は、相変わらずテキトー感いっぱいですが、個体の画像を撮りましたので拙い画像ですが見てやってください。


13-1(84mm)

マツノ13-1


アプロさん曰く「サイズは稼げそうにないスタイルだね・・・」と

黒王さんのところも、13-1は丸顎で見事にサイズが稼げそうにないスタイルなのだとか・・・・

13-1は全体的にそうなのかもしれません。でも、僕的にはそんなのはど~でも良いんです。


13-9(82mm)

マツノ13-9


「う~ん・・・、もう少し良い感じで画像を撮影できないのか?」とは全然、思わないです。

画像は面倒なので極力、撮りたくないのです。

ま、それはさておき・・・

一応、13-9は見た目では次に紹介する13-16 より頭幅は広いです。

ただ、あくまで見た目です。実際に計測したわけではないですから。でも、マツノさんも「13-9の方が頭幅は広い・・・」と言っておられたので間違いないでしょう~。

ちなみに、最初に断っておきますが・・・、「頭幅を計測しろ!」という要望にはお応えしませんので、そのあたり宜しくお願いします。


13-16(82mm)

マツノ13-16


やや顎がスラっとしている感じかな?


黒王氏884系(84mm)

黒王884系84


黒王さん曰く、884同腹の中では一番、884にフォルムが似ているんだそうです。

ただ、黒王さんのところの画像と見比べても、この画像ではちょっと判断できないですよね・・・・

ごめんなさい。


以上、種親の画像紹介を終わります。

14年組合せ

1401マツノ12-1(82ミリ)マツノ12-4(53ミリ)
1402マツノ12-5(51ミリ)
1403マツノ12-12(53ミリ)
1404マツノ12-24(82ミリ)マツノ12-7(53ミリ)
1405マツノ12-28(53ミリ)
1406マツノ12-26(82ミリ)マツノ12-14(52ミリ)
1407マツノ12-33(52ミリ)


以前のエントリを消去してしまったので、改めて14年度の組合せをUPしておきます





10/16

こんにちは

秋晴れの良い天気です。

さて、

今期は自ブリでのライン数が少ないこともあって、松野さんより初齢幼虫を5頭購入(1頭オマケで計6頭)しているのですが・・・・

とりあえず、その購入した幼虫は♂1頭、♀4頭、そして途中で落ちたっぽいの1頭という感じです。

で、投入から既に100日が経過しているので、♂1頭の交換をしました。

結果からいうと、久留米としては27.6gという良くもなく悪くもなく・・・という数字です。

でも、正直言うと、28gは期待していただけに、僕的にちょっぴり残念感のある数字だったりするんですが・・・(笑)

2本目に期待しておきましょう~!


それはさておき・・・・

ついでに食い上げが進んでいる自ブリの♀4頭を交換したのですが・・・・

これがまた、小さくてね~

13g台が1頭、12g台が3頭と、まぁ、全てが全て見るからに小さい♀でした。

ちなみに、見たままで食い上げの良い4頭をチョイスしたのですが、偶然にも全て4番ラインでした。

これは・・・4番ラインは外したっぽいかな?

パワー系ならぬ貧弱系ですな(笑)

もちろん、結果を見るまでは、ど~なるか?はわかりませんが、ま、仮にハズレラインであっても、そういったラインは累代から切れば良いですから、そいういう意味では余り深く悩まないようにします。



おわり


11-21 & 11-25

こんにちは

マツノ久留米をブリードされている何人かのブリーダーさんとやりとりする中で、やはりその血統背景は皆さん気になるようです。

そこで、ブリーダーさんとのやりとりの中で得たマツノ久留米の血統背景情報について断片的ではありますが備忘録的に書いていこうと思います。


さてさて、

マツノ久留米の13年個体の血統背景を考える上で、親ラインで特に人気があるのは11-1番、11-5番、11-8番そして11-23番であたりでしょうか?

このへんはガチガチのラインですが、今回はそれ以外のラインについてです。


まずは11-21番

11-21番は松野さん的に重要度が高いらしく、13-1番の♀親で使用されているわけですが・・・・

更に、ここで杢目さんからの情報によると、13-2番の♀親も11-21番からの個体であるとのことです。

13年度の1&2番の♀親が両方とも11-21番というのは面白いです。

やはり松野さん的に注目すべき何かがあったのか?それとも、そう大した意味はなかったのか?

そのへんはわかりません・・・

ちなみに、13-1番の♂親はもちろん11-8番の86mm、13-2番の♂親は11-23番の85mmです。

あと、今期85mmが出た13-14番の♀親も11-21番が使われています。



で、注目したいのが11-25番

杢目さんによると「今なおマイナー・・・」なラインらしいのですが・・・・

この11-25番は♂で85mmが出ていて、これが13-3番の♂親に使用されています。ちなみに、相方の♀は11-23番

僕自身、11年当時はまだブリードを始めていなかったので、よくわからない部分も多分にあるのですが、この11-25番というのが気になって、今、知っている個体の血統背景をチェックしてみました。

すると・・・

13-37番

これは幼虫の体重ノリが良かったライン・・・、いわゆる虫蔵くんの言うところのパワー系ということになるのかな?

このラインの♀親には11-25番が使用されています。


更に、本年度、85mmが出た13-40番

ここにも11-25番が♀親として使用されています。

11-25番も、松野さん、結構、使っていそうですね。



今回はこんなところです。

マツノ久留米は毎シーズン、かなりのライン数があるので、その全ての血統背景を把握するのは無理なんですが・・・

基本的には僕が購入したラインはなるべくその血統背景を把握するように努めます。それ以外のライン・・・、例えば、今回のような13-40番のようなラインは、2年後に13-40番が絡むラインを直仔として入手する可能性も高いと思うのですが、

そういった、ある程度、メジャーなラインについても出来る限りその背景を把握しておくと、自己ブリでのペアリングの参考になるし、他ブリーダーさんの参考になるかもしれません。

ま、一番の理由は、単にそういうのを知るのが好きなだけなんですが・・・


なお、血統背景については誤りがある場合もあります。意図したことではなく、単なる勘違い等に起因するものなので、もし間違っていたらゴメンナサイ。

あと、間違いに気づかれた方は、ぜひ!指摘してください。

宜しくお願いします。






10/3

こんにちは

アプロさんより「♀の交換が気になりますが… 」とコメントがありました。

♀については大部分は2本返しの予定なんですが、多分、アプロさんが気になるところは、そんなところじゃなくて、♀の早期羽化についてだと思います。LINEでもそういう話を少ししてましたし・・・


さて、その早期羽化ですが・・・

♂個体の体重ノリの良いラインから数頭チョイスして挑戦しようと思っていました。

タイミング良く、丁度、品川オフ会の時に杢目さんに久留米の早期羽化について少し話を聞くことができたりしました。

品川オフ会から1週間後、菌糸交換のときに、1番ラインから♀数頭を早期羽化させるべく交換しましたが、これが見事なくらい小さな個体ばかりで・・・

14グラムくらいは欲しかったのですが、12~13グラム台でしたね。

3頭を早期羽化させるべくチョイスしましたが、果たして結果はどうなるのか?

とりあえず、15年ブリードの種親については、♀も十分に数が揃っていますので、例え早期羽化が上手くいかなくても問題はありません。

でも、せっかくですから、とりあえず、やってみます。

現在は、もう少し食わせるべくやや低めの温度・・・・といっても他の通常管理下の個体よりは高い温度で管理しています。

もう少ししたら更に温度をUPしていきたいと思います。


さてさて、何本か交換しました。

masa氏の例もありますし、雌雄判別がヤバそうなのを交換・・・っていうか、ここ2~3日、チェックしていたら「これは普通に♂だろ!」っていうようなボトルもありましたので、確実に♂っぽいのと、怪しいのを合わせて計7本交換しました。

ちなみに、これはどうかな?っていうボトルは、見事に♀でしたね。

masa氏のように再抽選で確変に昇格とはいきませんでした・・・(笑)

ちなみに、交換した♀個体の体重はオアシスで14グラム台だったので、まずまずかな・・・?と。


さてさて、そんな中から30UPも一応出ましたので、サクっと紹介です

1番ラインより

140121.jpg

個体管理番号140121


5番ラインより

140515.jpg

個体管理番号140515


今回の交換では♂をメインに交換していた時期から2週間~半月ほど経過しているので、単純に数値で比較するのはムツカシイのでしょうが、それでも30UPが出たのは素直に嬉しいです。

今期は、久留米ブリーダーさんの交換の状況をチェックしていても、多くの30UPが出ています。

そういう方々・・・といっても、僕が、今、久留米系で主にチェックしているのは2人のみなんですが・・・、我が家の2本目交換時の幼虫体重は主に26~28g台が多いですね。

30UPもそこそこ出てはいますが・・・・

個々のブリーダーの管理状況等が異なるので、これまた比較はムツカシイのでしょうが、なんとか3本目交換時には35gUPが5頭くらい出てくれればなぁ~と思っています。

大体、♂が50頭なので、約1割ですね。

少し目標がキビシイかな?




«  | ホーム |  »

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

mind

Author:mind
国産オオクワ、中でもマツノ久留米系統に拘ってブリードしています

カテゴリ

はじめに (1)
ときどき雑感 (44)
14年久留米 (15)
15年久留米 (20)
16年久留米 (14)
17年久留米 (1)
マツノインセクト (17)
マツノ久留米 (1)
kmf通信 (2)
関西大鍬形研鑽会 (11)
オフ会 (18)
用品&設備 (13)
その他いろいろ (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス数

RSSリンクの表示

QRコード

QR