2014-10

10/3

こんにちは

アプロさんより「♀の交換が気になりますが… 」とコメントがありました。

♀については大部分は2本返しの予定なんですが、多分、アプロさんが気になるところは、そんなところじゃなくて、♀の早期羽化についてだと思います。LINEでもそういう話を少ししてましたし・・・


さて、その早期羽化ですが・・・

♂個体の体重ノリの良いラインから数頭チョイスして挑戦しようと思っていました。

タイミング良く、丁度、品川オフ会の時に杢目さんに久留米の早期羽化について少し話を聞くことができたりしました。

品川オフ会から1週間後、菌糸交換のときに、1番ラインから♀数頭を早期羽化させるべく交換しましたが、これが見事なくらい小さな個体ばかりで・・・

14グラムくらいは欲しかったのですが、12~13グラム台でしたね。

3頭を早期羽化させるべくチョイスしましたが、果たして結果はどうなるのか?

とりあえず、15年ブリードの種親については、♀も十分に数が揃っていますので、例え早期羽化が上手くいかなくても問題はありません。

でも、せっかくですから、とりあえず、やってみます。

現在は、もう少し食わせるべくやや低めの温度・・・・といっても他の通常管理下の個体よりは高い温度で管理しています。

もう少ししたら更に温度をUPしていきたいと思います。


さてさて、何本か交換しました。

masa氏の例もありますし、雌雄判別がヤバそうなのを交換・・・っていうか、ここ2~3日、チェックしていたら「これは普通に♂だろ!」っていうようなボトルもありましたので、確実に♂っぽいのと、怪しいのを合わせて計7本交換しました。

ちなみに、これはどうかな?っていうボトルは、見事に♀でしたね。

masa氏のように再抽選で確変に昇格とはいきませんでした・・・(笑)

ちなみに、交換した♀個体の体重はオアシスで14グラム台だったので、まずまずかな・・・?と。


さてさて、そんな中から30UPも一応出ましたので、サクっと紹介です

1番ラインより

140121.jpg

個体管理番号140121


5番ラインより

140515.jpg

個体管理番号140515


今回の交換では♂をメインに交換していた時期から2週間~半月ほど経過しているので、単純に数値で比較するのはムツカシイのでしょうが、それでも30UPが出たのは素直に嬉しいです。

今期は、久留米ブリーダーさんの交換の状況をチェックしていても、多くの30UPが出ています。

そういう方々・・・といっても、僕が、今、久留米系で主にチェックしているのは2人のみなんですが・・・、我が家の2本目交換時の幼虫体重は主に26~28g台が多いですね。

30UPもそこそこ出てはいますが・・・・

個々のブリーダーの管理状況等が異なるので、これまた比較はムツカシイのでしょうが、なんとか3本目交換時には35gUPが5頭くらい出てくれればなぁ~と思っています。

大体、♂が50頭なので、約1割ですね。

少し目標がキビシイかな?




スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

mind

Author:mind
国産オオクワ、中でもマツノ久留米系統に拘ってブリードしています

カテゴリ

はじめに (1)
ときどき雑感 (48)
14年久留米 (14)
15年久留米 (20)
16年久留米 (14)
17年久留米 (3)
組み合わせ (2)
マツノインセクト (19)
マツノ久留米 (1)
kmf通信 (2)
関西大鍬形研鑽会 (14)
オフ会 (18)
用品&設備 (13)
その他いろいろ (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

アクセス数

RSSリンクの表示

QRコード

QR