2015-05

5/30

こんにちは

今日は午後から大阪のショップ「グローバル」さんへ

鷹さんとアプロさんが行かれるということで僕も合流させていただくことになりました。

ちなみに、グローバルさんへ行ったのは初めてですが、我が家から電車1本で行けることが判明したので、飼育ケースなど急に買いたいモノがあるときは・・・・

あっ、そうだ!

家から5分の距離にクワショップがあるので、そっちの店の方が更に近くて便利です。


ま、それはさておき・・・

れぼーぐ

店の画像を撮影するのは忘れたので、とりあえず鷹さんの愛車の姿でも・・・・

グローバルさんを後にしたあとは、近くのファミレスに場所を変えて1時間ほどクワ談義しました。


おわり。
スポンサーサイト

マツノインセクト 9

こんばんは

松野さんのところへオアシスの引き取りに行ってきました。

2月の豊橋オフ以来なので久々感ありです。


さて、部屋に入るなり松野さんに「菌床産卵はどうなってる?」と言われ、見せてくれたのがコレ↓です。

マツノグリード

おっと!

グリードSL産卵ケースじゃないですか!

松野さんも試しに使ってみたそうです。

ただ、このケースは見た目の通り、余り産んでる雰囲気ではないですよね。

「僕の方は全21ラインで産卵を確認できています」と回答して、一応、撮影していた産卵ケースの画像を松野さんに見せました。

松野さん曰く、「たまたまこの♀には菌床産卵が合わなかったみたいだが、産卵木でも産まない♀がいることを考えると、菌床産卵でもイケるはずだ」と。

加えて、年々、優良な産卵木の確保が困難になっていっている現況に鑑みると、菌床産卵にシフトしていくのもアリだな・・・と。

もちろん、その場合、今回のように神長のデジケースを使用するのではなく、松野さんは自作するそうです。ま、昔は、菌床産卵もしたことがあるそうですから。

う~ん・・・オアシス版の菌床産卵ケース・・・・、めちゃめちゃ魅力的です。


さてさて、話は時を前後して・・・

昨日、ダイトウの兄貴から「今日、マツノさんのところに行く」旨、連絡がありました。

で、

マツノインセクトに11時頃に到着すると、東海ナンバーの車ではなく、関東ナンバーの車が停まっています。

「あれ?ダイトウの兄貴じゃないな・・・・」と思いつつ、直ぐに「もしかして、あの人かな?」と思い当たるブリーダーさんがいました。

部屋に上がって、自己紹介すると、やはり僕の直感は正しく、神奈川のNさんでした。

このNさん、僕や虫蔵くんと同じくマツノ久留米886同腹を購入されたブリーダーさんで、黒王さんからいつも話は聞いているので、一度、お会いしたいと思っていました。

お会いできて良かったです。

そのあと、10分ほどしてダイトウの兄貴も到着。

3人ともオアシスの引き取りに来ているので、そのあとは、各自の車に積み込み・・・・

特に、僕はMビン300本と本数が多く、Nさん、ダイトウの兄貴には積み込みを協力していただきありがとうございます。

そのあとは1時ころまで皆で歓談してマツノインセクトを後にしました。


前回の豊橋オフ時のマツノインセクト訪問を除き、今まで僕がマツノさんのところへ行ったときは、ほとんど他のブリーダーさんに会うことはなかったのですが、今は時期的にも色々なブリーダーさんが集いやすい時期なんでしょうね。

オオクワブリーダーの集まるオアシス的存在のマツノインセクト・・・・

やはり少々、遠くても何度も通いたいですね~。
















5/28

こんにちは

14年ブリードも3本目交換時30g前後の♂個体の羽化がはじまっています。ここ2日ほどで10頭ほど羽化したでしょうか・・・・。それ以上の幼虫体重の個体も週明けあたりから羽化が始まるのかな?

ただ、蛹化が遅かった個体もいますので、そういう個体はまだまだ時間がかかりますね。

とりあえず、6月中旬以降は15年ブリードの1本目投入が控えています。そんなわけで、ここ数日から羽化しはじめた個体は7月に入るまで掘り出す予定は無いので、当面は73mmが自己ギネスのままですね(笑)

ちなみに、3月からダイエット中でして・・・

この73というのが1つの目標とする体重に近い数値であります(笑)。ま、6月中には達成できそうなので、そうなれば、73という数字ともサヨナラしても良いのかな・・・

・・・・って、なんのこっちゃ(笑)


一方、15年ブリードの産卵セットの方はというと・・・

1番(13-12♀)でよ~やく産卵を確認することができました。これで一応、全21ラインで産卵を確認できたことになります。

ただ、1番は相変わらず余り潜りません。卵を確認した位置も菌糸上辺あたりで、やはり数を求めるのはキビシイのではないか?と。

そうは言っても、現状では欠番が出る可能性が低くなったのでホッとしています。

来週半ばくらいまで頑張ってみます。


あと、今日は以下の7セットを解除しました。

5番(13-1×13-37)

9番(13-1×masa54)

11番(13-4×13-48)

12番(13-9×14-27早)

14番(13-16×13-4)

19番(MK2×13-15)

20番(MK2×13-41)

これで残りは2セット目に移行している1~3番を除けば、17番と21番のみです。

グリード産卵ケースの弱点は、♀の取り出しのし難さ・・・と言われることがありますが、「そんなには苦労しないかな?」というのが去年、今年と使ってみての僕の実感です。

セットから10日前後を過ぎれば、それなりに♀を取り出しやすいような気がします。

ただ、今回、21番(1401早期)のみは、深く潜っていて全く取り出せるような雰囲気ではなかったですが・・・・

ま、たまにはそういうこともあるでしょう。

ちなみに、17番(杢目3)は、単にセット期間を長くしているだけです。

17番もセット期間を長くする・・・と言っても限度があります。明日は忙しいので、土曜か日曜あたりには解除しようと思います。その時に、21番も解除したいですね~。

産卵セットも終盤です。その次はいよいよ1本目投入ですね。


では。



5/27

こんにちは。備忘録として書いておきます。

今日も下記4つの産卵セットを解除

4番(黒84×13-21)

6番(黒84×gatch53)

15番(13-16×13-1)

18番(13-16×1401早)


ホントは9番(13-1×masa54)のセットを解除したかったです。菌床がかなり崩れてきているように見えるのでね。ただ、捉えることができませんでした。

明日あたりに解除できるかな?


さて、

懸案の1番と2番ですが、2番は2セット目でも産卵を確認することができました。13-14♀はいつチェックしても地表部にいまして産んでない雰囲気いっぱいなのですが、一応は産んでいます。

卵を見る限り、孵化も多分、問題ないでしょうから一安心です。ただ、数はやはり少なそうです。なんとか10頭くらいは採りたいですけどね・・・


さてさて、最後に羽化報告

1403-73mm

早くに羽化した1403ラインの♂個体を試しに掘り出してみました。

2本目交換時20.4g、3本目交換時23.2gのとっても小さい幼虫からの羽化個体になります。

サイズは73mmほど・・・

とりあえず、記念すべき久留米♂羽化第1号です。そんなわけで、現時点での事故・・・いやいや自己ギネス個体です。

ここからしばらくは掘り出す予定がないので、当分の間、コイツが自己ギネス個体として君臨することになります。

次は、これより大きい個体が羽化してくることを切に願っておきます(笑)


5/26

こんにちは

14年ブリードの方は♀個体が続々と羽化しています。

一方で、よ~やく蛹化した個体もいまして・・・・

これはマツノさんからの購入幼虫14-14(♀2頭)なのですが、このラインはゾロ目ですので局地的に非常に重要なラインとなります。

なかなか蛹化せず、少々、焦りもありましたが、よ~やく蛹化してくれました。

♂個体については幼虫体重の小さいのが2頭羽化していますが、他の♂個体はまだですね。

6月に入ったら続々と羽化してくれることと思います。


さて、15年ブリードの産卵状況ですが・・・

2セット目へと移行した1番(黒84×13-12)はイマイチな感じです。ここは欠番になるかもしれません・・・

加えて、2番(黒84×13-14)もイマイチな感じです。2番は1セット目で産卵を確認していますが、2セット目に移行してからの状態がど~にも良く見えないです。2番は産卵数は少ないかもしれません。

ま、一発勝負と決めているので、ダメなら潔く諦めます。

一方、7番(13-1×黒53)、8番(13-1×gatch52)、10番(13-1×13-31)、13番(13-9×杢目23)の♀4頭については、少々、予定より早いですが、セット期間10日で解除しました。

この4頭は非常に良い感じに見えます。

あくまで側面から見ただけの感覚的なものなので、実際ど~なるか?はわかりませんが、そこそこ産んでくれているはずです。

2セット目に移った1~3番以外の残りのセットも、木曜~日曜にかけてセット解除していく予定です。


さてさて、その産卵ですが・・・

250~300頭くらいは採れるかな?と思っていますが、370は少々、キビシイかな・・・という感じです。

ラインセット数に対する産卵ライン数の割合は非常に良いと思うのですが、問題はデジケース1セットあたりの産卵数です。

昨年の平均15以上というのは、6ラインセットしただけのサンプル数ですので・・・・

16年ブリードは400頭体制くらいにまで数を増やすとして、採れないラインや数を産まないラインなども考慮すると25ライでは足りず30ラインくらいを想定した方が良いのかもしれません・・・・

もっとも、ライン数を増やすだけでなく、セット数を増やせば、数の問題は容易に解決できそうな気もしますが、そのあたりは1ライン当たりの数を求めるのか?それとも、ライン数を求めるのか?ですね。

僕的には1ラインあたり15~20頭でライン数を増やしたいですね。

ま、何度も同じことを書きますが、これも15年ブリードの産卵セットを開けてみるまでは何とも言えないところがあります。


それにしても毎日、暑いですね・・・・

では。

2セット目へ(5/28更に加筆修正)

こんにちは

産卵ケースをチェックしたところ、13-14♀が、丁度、ケース表面上に出てきていたので「少し早いかな・・・」と思いつつも、良い機会なので、2セット目のケースに移しました。

さて、現在のところ、5/24時点でデジケース側面から卵を視認することができたのは以下の通り・・・

15年産卵状況

全21ライン中18ラインで産卵を視認できています(単に見間違えてるだけかもしれませんが・・・・)。

新たに16番、21番で産卵を確認できました。これで未確認は1番のみです。

5/28の時点で1番も産卵を確認することができました。

1番は残念ながら未だ視認するに至っていません。一方、一番期待の3番は、側面をざくっと見た感じでもかなりの卵を確認できます。非常に良い感じです。

既に2セット目に移行した2番も期待値の高いラインなんですが、移行時に感じたことは♀にちょっと元気がないな・・・と。

1セット目でそこそこ産んでくれていれば良いですが、こればかりは開けてみるまでわかりません。

あと、産卵が懸念された早期♀ですが・・・、自ブリ♀はもちろん、羽化後3か月でペアリングしたマツノ久留米14-27も無事、産卵が確認できています。

もちろん、これら視認することができた卵がしっかり孵化するとは限りませんが、ま、現状を見る限りでは数はさておきライン数に関しては産卵では大外しは無さそうです。

ちなみに、去年の経験からは側面から視認できなくても中で産んでる場合もありましたので、視認できていない3ラインも期待はしています。

1番と3番の2セット目への移行は週明け以降に予定しています。

上手い具合に地表部に出てきてくれていると助かるんですが・・・・

残りの18ラインは、来週末あたりまでのセット予定です。来週後半からチェックして、♀を順次、セットから外していきたいと考えています。



ついつい・・・

おはようございます。

雨です。


まずは、ストップしたエアコンですが、昨日、メーカーの修理の方が来られました。

で、結論からいうと、「部品交換するよりも新しいモノに替えた方が早い・・・」ということだそうで、メーカー保証で新しいエアコン(同機種)になりました。

これでこれからの暑くなってくるシーズンも問題ないでしょう。


さてさて、エントリタイトルの件ですが・・・・

先週土曜日に産卵セットを組んだわけですが、とにかく気になります(笑)

昨日も、産卵状況をついついチェックしてしまいました。

そして、「もう見るのは止めておこう・・・」と思いつつ、今日もチェックしてしまいました。

ただ、そのおかげで複数ラインから産卵を確認することができました。

全部をチェックしたわけではなく、特に♂親が種アリか否か?を知りたかっただけなので、サンプル抽出な感じで数セットをチェックしただけですが・・・

・886系84mm×マツノ13-16

・13-1×13-31

・13-16×886系52mm

の3ラインで産卵を確認。卵の色合いからみても問題なさそうです。

そして、黒王さんから種親をレンタルしたMK2について僕自身は未確認ですが、先週、黒王さんにお会いしたときに問題なさそうなことを言っておられました。あとは13-9だけですが、これについても多分、問題ないでしょう。

ま、チェックしていない残り♀18頭が全部スカ・・・という可能性もないわけではないですが、そんな可能性は極めて低いので、とりあえず、これで安心して月末のセット解除(一部はセット交換アリ)まで待つことができます。

・・・・って、一発勝負なんで、そもそもチェックする必要なぞ無い!と言われればそれまですが、まぁ、僕の性格的に気になるのです。

あとはしっかり数を産んでもらうだけです。




セット投入

こんばんは

本日、♀21頭を一斉に産卵セットに投入しました。

さすがに全く採れない・・・・ということはないでしょうが、たとえ産まない♀が多発しても、再ペアリングや再セットはしません・・・っていうか、今からそんなことしたらスケジュールが狂いまくってしまいますから無理です。

「試し産卵をするか否か?」など色々と不安な気持ちで迷いまくっていましたが、KOK新年会の折、シナンジュ改さんに「男なら一発勝負!」と言われましたので、腹をくくって一発勝負にします。
(m&mコラボラインについては、masaさんが試し産卵をしてくださっています)


さて、

産卵セットは昨年に続き、グリードSL産卵ケースを使用します。

昨年はこれに加えて、カワラ材も使用しましたが、今年は全てグリードSL産卵ケースで済ませます。

セット期間は10日~2週間ほど。1セット当たり平均15頭くらいの幼虫が採れればなぁ~と思っていますが・・・・

さて、どうなるでしょうか?

ちなみに、昨年は10日間セットで平均15頭以上採れたと記憶しています。

一応、僕的に重要度の高い仮ライン№1~3番についてだけは、2セット組みます。

この№1~3については、25~35頭くらい採りたいですね。

そんなわけで、2セット投入の3ラインで80頭くらい、残り18ライン×15=270頭くらいで合計350頭・・・・・

あれ?

これだと菌糸が30本ほど余りますね。

しかも、全ラインから採れる前提で計算していますし・・・・

ま、350頭採れれば、菌糸は余ってもOKです。300頭を割ると、ちょっとキビシイ感じでしょうか?

ただ、例え100頭くらいしか採れなくても、それはそれで仕方ないと諦めて、採れた数で第3代KOKチャンプへ向けて勝負します!



でも・・・

KOKの皆さん、200頭以下の場合は、慰める会の開催をお願いします(笑)

5/13

こんにちは

適当に雑記をいくつか・・・



まず、GW休み中に運転がストップしたエアコンですが、メーカーの方に見てもらったところ、部品交換が必要とか・・・

まだしばらくの間、ストップしたままですが、とりあえずペアリング終了後なので助かりました。



さて、14年ブリの方は、まだ蛹化していない個体がいます。

34~35gクラスの幼虫はほぼ蛹化しましたが、33gクラス前後の幼虫は・・・・

連休明けのエントリで「残りもあと2~3日中には蛹化しそうです」と書いてたのですが、未だです。

このあたり・・・幼虫のシワの入り具合とかで見分けるには、まだまだ経験が足りないようです。

でも、さすがに!もうそろそろだと思うのです(笑)



あと・・・

ブリ棚もサクっと増設しておきました。

ブリ部屋150513

今回、増設したのは中央部分の棚2台。

この棚はエアコンの風が直接当たるおそれもあるので、まだ少し手を加えますが・・・、よ~やく管理面では、かなり充実した環境になってきたのではないか?と思っています。

14年は130頭管理なので、まだまだ棚はガラガラですが、15年以降は、しっかり数を増やしていきたいです。


近況としては、そんなところです。

では。




更に・・・

こんにちは

4/27のエントリで「スチール棚(1200×450×1800)を1台追加しておこうと、ふと思いました。」と書きました。

事実、GW休みに入る前に1棚は追加したのですが・・・

昨日、ブリ部屋のレイアウトを少し変更する過程で、ある大きな物体・・・・って、僕が昔使っていたベッドなのですが、これを部屋から除外しました。

そうすると、当たり前ですが、余剰スペースが発生します。

「このスペースを使わないのは勿体ないな・・・」と。

使う?使わない?は別にして、とにかく今期以降のブリードに向けて、出来る限りの準備をしておきたいです。

そんなわけで、ブリ棚を更に2つ増設します。

これで、ブリ棚は、合計で・・・

・1200×450×1800のタイプ 5棚

・900×450×1800のタイプ 1棚

・ワインクーラー(110Lタイプ) 4台

<予備>ルミナスに似た安価なラック 1棚

となりました。

これだけキャパがあればかなり余裕を持って菌糸ビンを並べることができるんではないか?と。

う~ん・・・、ブリ環境だけはどんどん立派になっていきます。

あとは、大きい羽化個体を作出させるだけですが・・・・、そこが難しいですね。

«  | ホーム |  »

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

mind

Author:mind
国産オオクワ、中でもマツノ久留米系統に拘ってブリードしています

カテゴリ

はじめに (1)
ときどき雑感 (48)
14年久留米 (14)
15年久留米 (20)
16年久留米 (14)
17年久留米 (3)
組み合わせ (2)
マツノインセクト (19)
マツノ久留米 (1)
kmf通信 (2)
関西大鍬形研鑽会 (14)
オフ会 (18)
用品&設備 (13)
その他いろいろ (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

アクセス数

RSSリンクの表示

QRコード

QR