2015-05

5/26

こんにちは

14年ブリードの方は♀個体が続々と羽化しています。

一方で、よ~やく蛹化した個体もいまして・・・・

これはマツノさんからの購入幼虫14-14(♀2頭)なのですが、このラインはゾロ目ですので局地的に非常に重要なラインとなります。

なかなか蛹化せず、少々、焦りもありましたが、よ~やく蛹化してくれました。

♂個体については幼虫体重の小さいのが2頭羽化していますが、他の♂個体はまだですね。

6月に入ったら続々と羽化してくれることと思います。


さて、15年ブリードの産卵状況ですが・・・

2セット目へと移行した1番(黒84×13-12)はイマイチな感じです。ここは欠番になるかもしれません・・・

加えて、2番(黒84×13-14)もイマイチな感じです。2番は1セット目で産卵を確認していますが、2セット目に移行してからの状態がど~にも良く見えないです。2番は産卵数は少ないかもしれません。

ま、一発勝負と決めているので、ダメなら潔く諦めます。

一方、7番(13-1×黒53)、8番(13-1×gatch52)、10番(13-1×13-31)、13番(13-9×杢目23)の♀4頭については、少々、予定より早いですが、セット期間10日で解除しました。

この4頭は非常に良い感じに見えます。

あくまで側面から見ただけの感覚的なものなので、実際ど~なるか?はわかりませんが、そこそこ産んでくれているはずです。

2セット目に移った1~3番以外の残りのセットも、木曜~日曜にかけてセット解除していく予定です。


さてさて、その産卵ですが・・・

250~300頭くらいは採れるかな?と思っていますが、370は少々、キビシイかな・・・という感じです。

ラインセット数に対する産卵ライン数の割合は非常に良いと思うのですが、問題はデジケース1セットあたりの産卵数です。

昨年の平均15以上というのは、6ラインセットしただけのサンプル数ですので・・・・

16年ブリードは400頭体制くらいにまで数を増やすとして、採れないラインや数を産まないラインなども考慮すると25ライでは足りず30ラインくらいを想定した方が良いのかもしれません・・・・

もっとも、ライン数を増やすだけでなく、セット数を増やせば、数の問題は容易に解決できそうな気もしますが、そのあたりは1ライン当たりの数を求めるのか?それとも、ライン数を求めるのか?ですね。

僕的には1ラインあたり15~20頭でライン数を増やしたいですね。

ま、何度も同じことを書きますが、これも15年ブリードの産卵セットを開けてみるまでは何とも言えないところがあります。


それにしても毎日、暑いですね・・・・

では。

スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

mind

Author:mind
国産オオクワ、中でもマツノ久留米系統に拘ってブリードしています

カテゴリ

はじめに (1)
ときどき雑感 (44)
14年久留米 (15)
15年久留米 (20)
16年久留米 (14)
17年久留米 (1)
マツノインセクト (17)
マツノ久留米 (1)
kmf通信 (2)
関西大鍬形研鑽会 (12)
オフ会 (18)
用品&設備 (13)
その他いろいろ (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス数

RSSリンクの表示

QRコード

QR