2015-05

マツノインセクト 9

こんばんは

松野さんのところへオアシスの引き取りに行ってきました。

2月の豊橋オフ以来なので久々感ありです。


さて、部屋に入るなり松野さんに「菌床産卵はどうなってる?」と言われ、見せてくれたのがコレ↓です。

マツノグリード

おっと!

グリードSL産卵ケースじゃないですか!

松野さんも試しに使ってみたそうです。

ただ、このケースは見た目の通り、余り産んでる雰囲気ではないですよね。

「僕の方は全21ラインで産卵を確認できています」と回答して、一応、撮影していた産卵ケースの画像を松野さんに見せました。

松野さん曰く、「たまたまこの♀には菌床産卵が合わなかったみたいだが、産卵木でも産まない♀がいることを考えると、菌床産卵でもイケるはずだ」と。

加えて、年々、優良な産卵木の確保が困難になっていっている現況に鑑みると、菌床産卵にシフトしていくのもアリだな・・・と。

もちろん、その場合、今回のように神長のデジケースを使用するのではなく、松野さんは自作するそうです。ま、昔は、菌床産卵もしたことがあるそうですから。

う~ん・・・オアシス版の菌床産卵ケース・・・・、めちゃめちゃ魅力的です。


さてさて、話は時を前後して・・・

昨日、ダイトウの兄貴から「今日、マツノさんのところに行く」旨、連絡がありました。

で、

マツノインセクトに11時頃に到着すると、東海ナンバーの車ではなく、関東ナンバーの車が停まっています。

「あれ?ダイトウの兄貴じゃないな・・・・」と思いつつ、直ぐに「もしかして、あの人かな?」と思い当たるブリーダーさんがいました。

部屋に上がって、自己紹介すると、やはり僕の直感は正しく、神奈川のNさんでした。

このNさん、僕や虫蔵くんと同じくマツノ久留米886同腹を購入されたブリーダーさんで、黒王さんからいつも話は聞いているので、一度、お会いしたいと思っていました。

お会いできて良かったです。

そのあと、10分ほどしてダイトウの兄貴も到着。

3人ともオアシスの引き取りに来ているので、そのあとは、各自の車に積み込み・・・・

特に、僕はMビン300本と本数が多く、Nさん、ダイトウの兄貴には積み込みを協力していただきありがとうございます。

そのあとは1時ころまで皆で歓談してマツノインセクトを後にしました。


前回の豊橋オフ時のマツノインセクト訪問を除き、今まで僕がマツノさんのところへ行ったときは、ほとんど他のブリーダーさんに会うことはなかったのですが、今は時期的にも色々なブリーダーさんが集いやすい時期なんでしょうね。

オオクワブリーダーの集まるオアシス的存在のマツノインセクト・・・・

やはり少々、遠くても何度も通いたいですね~。
















スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

mind

Author:mind
国産オオクワ、中でもマツノ久留米系統に拘ってブリードしています

カテゴリ

はじめに (1)
ときどき雑感 (44)
14年久留米 (15)
15年久留米 (20)
16年久留米 (14)
マツノインセクト (15)
マツノ久留米 (1)
kmf通信 (2)
関西大鍬形研鑽会 (10)
オフ会 (18)
用品&設備 (13)
その他いろいろ (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス数

RSSリンクの表示

QRコード

QR