2015-07

7/7

こんにちは

とりあえず、去年1年間、ブリードしていく過程で改善すべき点は出来る限り改善していったつもりです。

遮光、湿度、空気循環などなど・・・・

まず、この時期の対策としては湿度対策です。

除湿器は昨年も導入していましたが、タンク容量が小さいため能力不足を感じたので、この春に買い換えました。

タンク容量が倍以上(2L⇒4.7L)になったおかげで、「タンク容量がいっぱい・・・」というのが原因で動作が途中でストップすることもなく、また、除湿湿度指定機能により、過度に除湿することもなく、現在は45~50%で湿度を維持できているようです。

加えて、

除湿器からの割と高い温度の排気とエアコンの冷房機能がサーキュレーターの空気循環作用により上手い具合にかみ合って、設定温度も概ね狙った温度帯で推移しているようです。

特に冷房の設定温度より外気温の低い日には効果が出ているようです。

もっとも・・・

この点については、これから外気温が35℃以上になるような状況になったときに、ブリ部屋の温度がどうなるのか?はわかりませんし・・・・、そもそも現在の設定温度が幼虫を大きくするための温度として最適なのか?という問題もあります。

ただ、15年ブリードがスタート(1本目投入)して、まだ1か月も経過していないですが、昨年よりは温度や湿度に関しては狙った数値を出せているという点では、かなり環境的には改善されたのではないか・・・と思っています。


さて、明日は

会社にやってくるヤクルトレディ(?)に新成虫を引き取ってもらいます。

以前に「オオクワいらないか?」という話をしたところ、「娘(小学生)がクワガタに興味がある・・・」ということで、更にその娘さんのお友達も欲しがっている・・・ということで、大量に引き取ってもらえることになりました。

一気にまとまった頭数を処分できそうで助かりますが、14年は、まだ飼育数も少ないので、適当に何人かに声をかけるだけで処分できるので楽です。

問題は、数も増えてくる来年以降ですが、これも弟の友人がまとまって引き取ってくれそうな会社に勤めているので、まぁ、余虫の処分についてはそんなに深く考えなくても良いのかな・・・と楽観的に考えていますが・・・・

実際のところはどうなりますことやら・・・・

では。



スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

mind

Author:mind
国産オオクワ、中でもマツノ久留米系統に拘ってブリードしています

カテゴリ

はじめに (1)
ときどき雑感 (48)
14年久留米 (14)
15年久留米 (20)
16年久留米 (14)
17年久留米 (4)
組み合わせ (2)
マツノインセクト (19)
マツノ久留米 (1)
kmf通信 (2)
関西大鍬形研鑽会 (14)
オフ会 (19)
用品&設備 (13)
その他いろいろ (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

アクセス数

RSSリンクの表示

QRコード

QR