2016-04

「俺のイチオシ!」

こんばんは

関西大鍬形研鑽会(以下、KOK)の16年ブリードにおける通常のチャンプ争いとは別枠の特別イベントについて以前に少しお伝えしたかと思いますが、それが「俺のイチオシ!ライン」です。

これは各自が「イチオシ!」と思うペアリングを事前に決めておき、そのイチオシラインの中で最大個体を争うというものです。

一応、各メンバーのイチオシ!ラインが出そろいました

俺のイチオシ

上記図だけでは、「どういうラインなのか?」がちょっと不明瞭ですが、そのへんは各メンバーが、各自のブログでまた改めてラインの詳細を発表してくれることと思います。

とりあえず、なるべく早く各自のイチオシ!ラインを決定する必要があります。

というのも、この争いでは、ペアリング中の親の事故死は即!負けが確定します。

もちろん、肝心の幼虫を産まない時点でも負けが確定します。

産まないからといって、他で代替できないところにも面白さがあるのではないか?と思います。

ちなみに、イチオシ!ラインを仮に他のメンバーに里子に出して、里子先で最大個体が出てしまった場合・・・・

それは、提供者の利益になります。このあたりの他力本願アリなところも、ちょっと変わっていて面白いと思います。


さぁ、俺のイチオシ!ラインでは誰がトップを獲るのでしょうか?


スポンサーサイト

4/4

こんばんは

Fishdoctorさんからお願いしていた早期♀個体がやってきました。

いつものように管理カードの不鮮明な画像での紹介になりますが・・・・

N早期13-12

13-12♂×886系52ミリ♀

13-12絡みの早期♀個体は僕のところでも作出を試みましたが、神長の毒ビンの影響で羽化不全でした。

まぁ、早めにマットに交換していたら、また違った結果になっていたかもしれないですが、サクっと蛹化したために放置していたら、その後、菌糸がカビてしまい・・・・

このへんは、まだまだ実力も経験も不足しているようです。

何はともあれ、13-12が絡む早期個体を使用したかったのでFishdoctorさんには感謝です!

N早期13-37

886系83ミリ♂×13-37♀

この13-37♀(55ミリ)は、もしかしたら僕が買っていたかもしれない個体です。

マツノさんのところで、13-37♀をお願いしたとき、「54ミリと55ミリがあるがどちらにするか?」と言われ、僕は54ミリの♀をチョイスしました。

その後、Fishdoctorさんが55ミリ♀を購入したわけです。

ちなみに、54ミリ♀も55ミリ♀もお互いのところで、よく産卵しました。

ちなみにラインの成績(♂3本目交換時の体重ノリ)は、Fishdoctorさんの所の方が良いようです。



さて、これで16年ブリードに向けた種親も全て揃いました。

今日、届いた2♀についてはわかりませんが、それ以外の種親は今のところ元気なようです。

ペアリングも大体、決めました。

まずはペアリング、産卵ステージですね。

このステージについては、一昨年、昨年と普通に上手くいっているので、多分、問題ないと思うのですが・・・・

油断してしまうと、失敗するのかもしれませんね~。

«  | ホーム |  »

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

mind

Author:mind
国産オオクワ、中でもマツノ久留米系統に拘ってブリードしています

カテゴリ

はじめに (1)
ときどき雑感 (48)
14年久留米 (14)
15年久留米 (20)
16年久留米 (14)
17年久留米 (3)
組み合わせ (2)
マツノインセクト (19)
マツノ久留米 (1)
kmf通信 (2)
関西大鍬形研鑽会 (14)
オフ会 (18)
用品&設備 (13)
その他いろいろ (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

アクセス数

RSSリンクの表示

QRコード

QR