2017-01

さて、早期羽化♀をどうするか?

おはようございます。

「どうするか?」って、もちろん、17年ブリードで使用するために早期羽化させているわけですから使用するのは当然なのですが・・・・

久留米には未だ表・裏という区別があったりで、17年は表年になるわけです。

そんなわけで、17年は通常羽化した♀個体をメインに使用し、早期羽化♀の数は3~4頭に絞る予定でした。

しかし、16年ブリードの早期♀使用の狙いは、久留米では裏年と言われる16年に表年の個体を大量に持ってきて裏年の表化を図ることでありまして、事実、3本目交換時の♂の体重乗りから判断するに、その狙いはある程度、成功したと言えます。

そんなわけで、途中経過ではありますが・・・、16年ブリードの経過を見る限り、「僕のところでは表・裏の区別はかなり解消されたのではないか?」ということで、17年ブリードにおいても16年ブリードの♀を早期羽化させた個体を積極的に使用していきたいと考えなおしました。

とりあえず、17年ブリードに向けて仕込んだ早期♀のラインナップです

早期羽化170117
(一部、複数いるラインあり)

15年ブリードでは30頭くらい早期♀を仕掛けたのですが、16年ブリードでは前述のとおり、元々、そんなに数を使用する予定では無かったこともあって仕掛けている頭数が少ないです。

そんな中でも、割と3本目交換時の♂の体重が乗っているラインの♀の早期を仕掛けていることができているので、良かったなぁ~と思います。

ちなみに、1606は、平均体重が他のラインに比べてやや見劣りしますが、これは1頭だけ27gという♂がいまして・・・、こいつが平均値の下げに大きく寄与してくれています。そのイレギュラー的な個体を除けば平均体重も他に見劣りするものではありません。

この中から7頭くらいを17年ブリードで使用したいと考えているのですが・・・

さて、

どのラインの早期♀を使用するか?

どういった組合せにするか?

僕的には、もうある程度は決めているのですが、来月中旬あたりに、複数の久留米ブリーダーさんとお会いする機会がありますので、その時に、色々、情報交換をして、それも判断の材料として加味したいと思っています。






スポンサーサイト

1/21

こんばんは

今日は昼に黒王さんと会って少しクワトークをしてました。

さて、

その黒王さんのところに、先日、Fishdoctorさんから封書が届いたそうです。

黒王さんも「一体、何の通知がきたのか?」と思いつつ、開封してみると・・・・

170121-2.jpg

笑。

機密情報の内容はさておき、「書類送付案内」を添えるあたりは、Fishdoctorさんの几帳面な性格がとてもよく表れているような気がします。

ちょっと個人的にウケたのでブログネタにしました。


さてさて、ブリードの方は、冬温度に向けていって調整しています。来週あたりには、冬温度に到達するでしょうか?

そうなると、ブリード面での作業としては、加湿器のタンクに水を補充するくらいですかね?

ブリードの思考的な部分としては、17年ブリードに向けての組み合わせを再考しています。

16年ブリード個体の体重経過とか早期羽化♀とか・・・・

色々な面を考慮要件に入れて、組合せを考えています。

ま、その組み合わせも2月中旬までには、ある程度、固めたいと思っています。


次回エントリでは、とりあえず、早期羽化♀についてエントリを書こうかと思っています。

ま、大した内容ではないですが・・・・・




3本目交換終了

こんにちは

3本目の交換が終了しました。

管理表はUPしませんので、軽くまとめておきます。

まずは主な個体の体重分布です。

16年体重分布

40gUPは、02番、03番、04番、05番、06番、07番、08番、09番、10番、11番、12番、14番、15番、17番、21番、22番、24番、25番、26番、27番の20ラインから計36頭出ています。


一応、計算したので書いておきますが、35gUP率は約84%です。

ただ・・・

この点については昨日、Fishdoctorさんやgatchさんとも話をしたのですが、現状、3本目の幼虫体重が羽化サイズに反映されやすい久留米で35gって、84~85mmくらいのサイズですよね?

久留米でも88mm台が羽化する現況を鑑みると、35gUP率を計算するのは良いですが、公表までする必要性は非常に乏しいのではないか?と・・・・

そんなわけで、僕自身は35gUP率は16年シーズンを最後に当ブログでは公表するのはストップしようと思います。


さて、

約1年前のエントリで「一応、課題は見えているつもりです。16年ブリードではそのへんの課題を克服して、3本目交換時に、体重の乗った幼虫をより多く作出できるようにブリードしたいです。」と書いたのですが、3本目交換時の幼虫体重という点では、多分、その課題は少し克服できたと思います。

ただ、現状では頭数の多い39~40g台ではKOKチャンプを獲るには、ちょっと足りない気がします。

KOKの他のメンバーも40gUPは普通に出してきますからね。

そんなわけで、KOKチャンプを獲るために、より大きい幼虫をたくさんブリードして完品羽化する確率を少しでもUPしておくようにしたいと思います。

とりあえずは17年ブリードでは3本目交換時に42g・・・・出来れば43g以上の幼虫を15頭くらいは出てくるようにしたいです。

黒王さんもkmfの二人も、見据える先はやはり42~43g以上、欲を言えば、もっと大きいサイズの幼虫をいかに多く出すか?であると・・・・

そのためには、僕自身、更なる進歩が必要になってきます。

キビシイ戦いが続きますね~。



kmf通信 2

おはようございます。

kmfの17年ブリードに向けた黒王氏よりの補強個体のリストです

16年黒王補強

kmfの3名の補強はマツノインセクトと黒王氏からの調達がメインで、後は3名の間で個体のやりとりをするのみで、補強先が限られていますが、現状はこれで十分でしょう~。

将来的な補強については、皆、その時、考えればOKと思っており、とりあえず、今は、少しでも大きい個体を羽化させることができるように、しっかりブリードするのみです。


謹賀新年

あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願いします。


さて、

今日は相方さんのお供で出掛ける予定でしたが、相方さんが風邪をひいてしまい外出中止~。

そんなわけで、時間ができたので交換をしたら良いサイズのが出てきました。

170103-2.png

<1609ライン>

2本目 10/16 33.1g
3本目 1/3   44.5g


170103-1.png

<1609ライン>

2本目 10/9 32.5g
3本目 1/3  45.5g


この1609ラインは結構、良い感じで♂6頭で(45.5、44.5、42.3、41.1、40.4、40.2)と全て40gUPです。

ただ・・・

我が家のマツノ13-1♂は見事なまでの非アゴスラ体型で(笑)、体重は乗るけど、サイズに余り結びつかないんですよね~。

13-1も38gから84ミリの羽化でしたし、去年の子供も38.8gから85ミリの羽化でした・・・・

ま、それでも40gUPとなると自己記録の更新に期待せざるを得ませんね~。

さて、どうなるのでしょうか?

«  | ホーム |  »

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

mind

Author:mind
国産オオクワ、中でもマツノ久留米系統に拘ってブリードしています

カテゴリ

はじめに (1)
ときどき雑感 (47)
14年久留米 (14)
15年久留米 (20)
16年久留米 (14)
17年久留米 (1)
組み合わせ (2)
マツノインセクト (17)
マツノ久留米 (1)
kmf通信 (2)
関西大鍬形研鑽会 (13)
オフ会 (18)
用品&設備 (13)
その他いろいろ (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

アクセス数

RSSリンクの表示

QRコード

QR