2017-10

2本目交換開始

こんにちは

食いの早いビンから2本目へ交換を開始しました。

画像を掲載するほどに体重の乗った個体が出てくることは、まず無いのですが(笑)、雰囲気としては、2本目交換時の幼虫体重は、昨年より「ほんの少し軽いかな・・・」という感じです。

これは、1本目の投入期間が短い(3か月未満)ことに加え、投入当初の雰囲気から昨年より設定温度を、やや低めにしていたのが影響しているのかな?と思われますが・・・・

実際のところは、よくわかりません(笑)

そもそも設定温度を下げたのも、「なんとなくそうした方が良さそう~」っていう直感なので、特に理論的に説明できるものではないです。

ちなみに、仲間に「今年は設定温度を去年よりちょっと下げてるんだよね~」って言ったら、仲間も同じように設定温度を昨年より下げてました。

う~ん・・・

これは仲が良い証拠かな?

ま、これでコケでも僕だけじゃなく、仲間も一緒にコケてくれると思うので、そういう意味では妙な安心感がありますね。

いやいや、全員、コケたら次年度以降の種親確保という観点からもシャレにならないのですけど・・・・

ま、いいや


さて、

2本目です。

イメージとしては、3本目交換時に35gUPが70%くらいにもっていけるような管理をしていきたいと思います。

この数字は昨年の84%より大分、低いですし、40gUPの数も昨年より少なくなるかもしれませんが、39~40g近辺に体重分布のピラミッドの山がくるような感じにもっていきたいのです。

温度設定や3本目の交換時期などなど、ここから羽化までの期間をトータルで考えて、「そうした方が良いかな」・・・・と、これまた直感で思っただけなのですが、まずはそうなるようにしっかり管理していきたいと思っています。

相変わらず直感に頼ったブリードですが、もうこれは性格に由来することなので、直感を信じて突き進むしかないです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

mind

Author:mind
国産オオクワ、中でもマツノ久留米系統に拘ってブリードしています

カテゴリ

はじめに (1)
ときどき雑感 (48)
14年久留米 (14)
15年久留米 (20)
16年久留米 (14)
17年久留米 (3)
組み合わせ (2)
マツノインセクト (19)
マツノ久留米 (1)
kmf通信 (2)
関西大鍬形研鑽会 (14)
オフ会 (18)
用品&設備 (13)
その他いろいろ (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

アクセス数

RSSリンクの表示

QRコード

QR