2017-06

メスの暴れと早期羽化

こんにちは。大分、寒くなってきました。

さて、いつもはテキトー感いっぱいの日付だけのエントリタイトルですが、今日は、内容的に丁度、良いタイトルが身近なところにあったので、ほぼそのままパクることにしました(笑)


ま、それはさておき・・・

11月初めに追加セットした早期羽化3頭のうち2頭が暴れました。原因は温度管理だと思います。追加で組むには少し無理な環境でしたね。

この暴れについては、色々と対策はあるかと思いますが・・・、今回、この2頭に関しては、単純に早期を目指すことをストップして、通常の温度管理に移行しました。

ちなみに、追加セットの残り1頭ですが・・・、こちらは食痕が全く見えないので少々不安ですが、暴れたりはしていません。単に今は見守るしかありませんね~。



一方、

最初にセットした早期羽化用の♀3頭のうち10月中旬に蛹化していた個体が羽化しました。

暴れとは対照的に良いニュースですが、この早い時期の羽化は全く狙ったものではありませんし、実際に計測してみないことにはわからないのですが、サイズ的にも全く期待していません。

この個体については「早期羽化を目指して羽化した」という結果だけで十分です。

もう1頭蛹化している個体については、12月初旬には羽化すると思います。こちらも2本目交換時の体重としては余り期待できませんが、今回、羽化した個体よりは少し期待しています。

こいつがなんとか使えるサイズだと良いのですが・・・


あと・・・

最初にセットしたのは3頭なので、もう1頭いるわけですが、この方はまだ幼虫をされています。いつぞやのエントリで「もうそろそろ蛹化・・・・」と書いたのですが、ボトルの中がよく見えなかったこともあって、一旦、蛹化したことを前提に温度管理を変更したのですが・・・・

一昨日でしたか・・・・

暗がりの中でボトルにライトを照らすと、しっかりと幼虫の姿をしておられるところを確認できましたので、また早期羽化用の管理に移行しました。

そういう管理が良いの悪いのか?

よくわかりませんが、何事も経験ですので、色々とやってみます。



とりあえず、近況としてはこんなところです。















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

mind

Author:mind
国産オオクワ、中でもマツノ久留米系統に拘ってブリードしています

カテゴリ

はじめに (1)
ときどき雑感 (44)
14年久留米 (15)
15年久留米 (20)
16年久留米 (14)
17年久留米 (1)
マツノインセクト (17)
マツノ久留米 (1)
kmf通信 (2)
関西大鍬形研鑽会 (11)
オフ会 (18)
用品&設備 (13)
その他いろいろ (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス数

RSSリンクの表示

QRコード

QR