2017-04

2015年スタート・・・してますね・・・

ブリーダーの皆さん、あけましておめでとうございます。

さて、

年明け早々、京都は61年ぶりの大雪だそうなんですが、我が幼虫達はブリ部屋でヌクヌクと育っていた・・・・のかな?

そのへんはよくわかりませんが、この年末年始の休みの間、クワに関しては特に作業すべきこともなく、専ら別趣味に専念していました。

あっ、そうそう・・・

作業ではないですが、早期羽化♀個体を新たに戦力として組み入れるにあたり、昨年末は15年ブリードのペアリングを再考したりしていましたが、悩んだところでペアリングが決まるわけでもありません・・・

ペアリングについては直前まで悩むことと思いますが、そんな悩みも楽しいところです。

ただ、現実問題として、特に早期羽化個体の組み入れに伴い、「♀の数に比して、♂の数がやや少ないのではないか?」という思いがあります。

このあたりは、もう少し考えて補強していく必要があったと思いますが、松野さんのところでも久留米の在庫が無い状況では、何処からか救いの手が伸びてこない限り・・・、とりあえず現有戦力でなんとかするしかありません。

この点、去年はちょっと期待していた12-15番がペアリング前に落ちてしまいましたが、今期、♂の種親候補のうちどれか1頭でも途中で落ちてしまうと、ペアリング的には少し無理をする状況になりそうなので、♂の種親5頭には是非!とも元気にペアリング時期を迎えてもらいたいものです。

ま、こういう状況も自ブリ♂個体が使えるようになる16年ブリードからは大丈夫になってくると思うので、とにかく15年ブリードを上手く乗り切りたいところです。

ちなみに、今期使用した12-24番♂は来期も問題なく使えるので、「それをもう一度、使ったらどうか?」という意見もあるかとは思いますが、僕の中では12-24番、12-26番はもう使う予定はありません。

これについては、15年の種親候補5頭の内、1頭が欠けた場合でも使う予定はありません。


さてさて、15年ブリードの話はこれくらいにして・・・・

14年ブリードについていえば、3本目への交換が済んでいないボトルが少し残っていることは以前のエントリでも書いた通りなのですが、これについては今月中旬頃に交換を予定していまして、なんとかもう1頭くらい35gUPを・・・、理想を言えば、あと2頭くらい35gUPを拝みたいものです。

特にm&mコラボラインの1402ラインが交換の主体になりますので、おそらくは僕よりやや先行する形でmasa氏がコラボラインの交換作業に入ると思いますので、彼の交換報告には僕も注目していますし、期待しています。


それでは、ブリーダーの皆さん、本年度も、画像を極力控えるような感じにはなりますが、宜しくお願いします。



スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

mind

Author:mind
国産オオクワ、中でもマツノ久留米系統に拘ってブリードしています

カテゴリ

はじめに (1)
ときどき雑感 (43)
14年久留米 (15)
15年久留米 (20)
16年久留米 (14)
マツノインセクト (15)
マツノ久留米 (1)
kmf通信 (2)
関西大鍬形研鑽会 (10)
オフ会 (18)
用品&設備 (13)
その他いろいろ (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス数

RSSリンクの表示

QRコード

QR