2017-06

セット投入

こんばんは

本日、♀21頭を一斉に産卵セットに投入しました。

さすがに全く採れない・・・・ということはないでしょうが、たとえ産まない♀が多発しても、再ペアリングや再セットはしません・・・っていうか、今からそんなことしたらスケジュールが狂いまくってしまいますから無理です。

「試し産卵をするか否か?」など色々と不安な気持ちで迷いまくっていましたが、KOK新年会の折、シナンジュ改さんに「男なら一発勝負!」と言われましたので、腹をくくって一発勝負にします。
(m&mコラボラインについては、masaさんが試し産卵をしてくださっています)


さて、

産卵セットは昨年に続き、グリードSL産卵ケースを使用します。

昨年はこれに加えて、カワラ材も使用しましたが、今年は全てグリードSL産卵ケースで済ませます。

セット期間は10日~2週間ほど。1セット当たり平均15頭くらいの幼虫が採れればなぁ~と思っていますが・・・・

さて、どうなるでしょうか?

ちなみに、昨年は10日間セットで平均15頭以上採れたと記憶しています。

一応、僕的に重要度の高い仮ライン№1~3番についてだけは、2セット組みます。

この№1~3については、25~35頭くらい採りたいですね。

そんなわけで、2セット投入の3ラインで80頭くらい、残り18ライン×15=270頭くらいで合計350頭・・・・・

あれ?

これだと菌糸が30本ほど余りますね。

しかも、全ラインから採れる前提で計算していますし・・・・

ま、350頭採れれば、菌糸は余ってもOKです。300頭を割ると、ちょっとキビシイ感じでしょうか?

ただ、例え100頭くらいしか採れなくても、それはそれで仕方ないと諦めて、採れた数で第3代KOKチャンプへ向けて勝負します!



でも・・・

KOKの皆さん、200頭以下の場合は、慰める会の開催をお願いします(笑)

スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

mind

Author:mind
国産オオクワ、中でもマツノ久留米系統に拘ってブリードしています

カテゴリ

はじめに (1)
ときどき雑感 (44)
14年久留米 (15)
15年久留米 (20)
16年久留米 (14)
17年久留米 (1)
マツノインセクト (17)
マツノ久留米 (1)
kmf通信 (2)
関西大鍬形研鑽会 (12)
オフ会 (18)
用品&設備 (13)
その他いろいろ (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス数

RSSリンクの表示

QRコード

QR