2017-04

2セット目へ(5/28更に加筆修正)

こんにちは

産卵ケースをチェックしたところ、13-14♀が、丁度、ケース表面上に出てきていたので「少し早いかな・・・」と思いつつも、良い機会なので、2セット目のケースに移しました。

さて、現在のところ、5/24時点でデジケース側面から卵を視認することができたのは以下の通り・・・

15年産卵状況

全21ライン中18ラインで産卵を視認できています(単に見間違えてるだけかもしれませんが・・・・)。

新たに16番、21番で産卵を確認できました。これで未確認は1番のみです。

5/28の時点で1番も産卵を確認することができました。

1番は残念ながら未だ視認するに至っていません。一方、一番期待の3番は、側面をざくっと見た感じでもかなりの卵を確認できます。非常に良い感じです。

既に2セット目に移行した2番も期待値の高いラインなんですが、移行時に感じたことは♀にちょっと元気がないな・・・と。

1セット目でそこそこ産んでくれていれば良いですが、こればかりは開けてみるまでわかりません。

あと、産卵が懸念された早期♀ですが・・・、自ブリ♀はもちろん、羽化後3か月でペアリングしたマツノ久留米14-27も無事、産卵が確認できています。

もちろん、これら視認することができた卵がしっかり孵化するとは限りませんが、ま、現状を見る限りでは数はさておきライン数に関しては産卵では大外しは無さそうです。

ちなみに、去年の経験からは側面から視認できなくても中で産んでる場合もありましたので、視認できていない3ラインも期待はしています。

1番と3番の2セット目への移行は週明け以降に予定しています。

上手い具合に地表部に出てきてくれていると助かるんですが・・・・

残りの18ラインは、来週末あたりまでのセット予定です。来週後半からチェックして、♀を順次、セットから外していきたいと考えています。



スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

mind

Author:mind
国産オオクワ、中でもマツノ久留米系統に拘ってブリードしています

カテゴリ

はじめに (1)
ときどき雑感 (43)
14年久留米 (15)
15年久留米 (20)
16年久留米 (14)
マツノインセクト (15)
マツノ久留米 (1)
kmf通信 (2)
関西大鍬形研鑽会 (10)
オフ会 (18)
用品&設備 (13)
その他いろいろ (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス数

RSSリンクの表示

QRコード

QR