2017-04

9/14

こんばんは

前回エントリで2本目への交換については「シルバーウィークあたりから順次に・・・・ではなく一気に・・・」と書いておいて、舌の根も乾かぬうちからなんですが・・・

2本目への交換を開始しました。

菌糸150914

菌糸の状態をチェックしてみると、上記画像のように食いあがってしまった菌糸が見受けられたからです。

そんなわけで、とりあえず食い上げが激しいビンの中から20本弱、交換しました。


で、

幼虫の画像はありません。


なんせ30gUPは1頭も出ていませんからね・・・・

最大が29.7gで、あとは28g台が2頭、27g台が3頭で残りの大半は25~26g台でした。

ちなみにブリ部屋の環境は室温25~26℃、湿度50~55%で1本目投入からの交換までの期間は12週(84~85日)です。


昨年は、2本目交換時に複数の30gUPの幼虫を拝見することができましたので、単純に考えると、今年は昨年以下の経過に見えます・・・・・

しかし、今年は昨年に比べ、1本目の投入期間で1週間ほど短く、またデジケースの産卵セット開始から考えると2本目交換までの期間が2週間ほど短いので、昨年との対比は余り意味はないのかな・・・と。


それに、僕的にも14年ブリードで羽化成績が良かった個体は、総じて2本目でしっかり体重が伸びた個体でしたので、今日、交換した20頭弱については、現時点では特に能勢と比べると・・・・、また久留米で1本目から体重乗せてきているブリーダーさんと比べてもショボイ体重ですが、後伸びを期待できるんじゃないか?と思っています。

あっ、ちなみにマツノ久留米13-37が絡むラインは今日は1頭も交換していません・・・・


とりあえず、まだ何本か食いの激しいビンがありますので、それらについてはなるべく早く交換して新鮮なエサのある2本目へ投入してやってガツガツと食っていってほしいと思います。




次回予告

とりあえず、気になるので使ってみた・・・・





スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

mind

Author:mind
国産オオクワ、中でもマツノ久留米系統に拘ってブリードしています

カテゴリ

はじめに (1)
ときどき雑感 (43)
14年久留米 (15)
15年久留米 (20)
16年久留米 (14)
マツノインセクト (15)
マツノ久留米 (1)
kmf通信 (2)
関西大鍬形研鑽会 (10)
オフ会 (18)
用品&設備 (13)
その他いろいろ (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス数

RSSリンクの表示

QRコード

QR