2017-08

メスの暴れと早期羽化

こんにちは。大分、寒くなってきました。

さて、いつもはテキトー感いっぱいの日付だけのエントリタイトルですが、今日は、内容的に丁度、良いタイトルが身近なところにあったので、ほぼそのままパクることにしました(笑)


ま、それはさておき・・・

11月初めに追加セットした早期羽化3頭のうち2頭が暴れました。原因は温度管理だと思います。追加で組むには少し無理な環境でしたね。

この暴れについては、色々と対策はあるかと思いますが・・・、今回、この2頭に関しては、単純に早期を目指すことをストップして、通常の温度管理に移行しました。

ちなみに、追加セットの残り1頭ですが・・・、こちらは食痕が全く見えないので少々不安ですが、暴れたりはしていません。単に今は見守るしかありませんね~。



一方、

最初にセットした早期羽化用の♀3頭のうち10月中旬に蛹化していた個体が羽化しました。

暴れとは対照的に良いニュースですが、この早い時期の羽化は全く狙ったものではありませんし、実際に計測してみないことにはわからないのですが、サイズ的にも全く期待していません。

この個体については「早期羽化を目指して羽化した」という結果だけで十分です。

もう1頭蛹化している個体については、12月初旬には羽化すると思います。こちらも2本目交換時の体重としては余り期待できませんが、今回、羽化した個体よりは少し期待しています。

こいつがなんとか使えるサイズだと良いのですが・・・


あと・・・

最初にセットしたのは3頭なので、もう1頭いるわけですが、この方はまだ幼虫をされています。いつぞやのエントリで「もうそろそろ蛹化・・・・」と書いたのですが、ボトルの中がよく見えなかったこともあって、一旦、蛹化したことを前提に温度管理を変更したのですが・・・・

一昨日でしたか・・・・

暗がりの中でボトルにライトを照らすと、しっかりと幼虫の姿をしておられるところを確認できましたので、また早期羽化用の管理に移行しました。

そういう管理が良いの悪いのか?

よくわかりませんが、何事も経験ですので、色々とやってみます。



とりあえず、近況としてはこんなところです。















11/2

こんにちは

朝から昼過ぎまで、1404~1407ラインを中心に交換してました。

まず手始めに期待薄の1407ラインから交換したのですが、これが見事なくらいある意味、期待通りで小さいメスでした。

オアシス投入分から、いきなり2頭続けて11g台が出たときには、かなり気持ちが萎えました(笑)

一方、1407ラインのLEVIN投入分は少しマシで、13~14g台前半という感じでしたね。

とりあえず、1404~1407はオアシス、エクシ系共に全体的に小さかったです。


で、

♀とはいえ、ここまで小さい幼虫に見慣れたら「ついでに交換しておくか・・・」って気持ちになったので、今日は交換する予定になかった1402ラインのうちオアシス投入分についても交換することにしました。

ちなみに、

1402-141102-1.jpg

1本目投入から4か月半経過後の1402ラインのオアシスはこんな感じです。

食痕が出ているので落ちてはいないんでしょうが・・・・、居食いしているにしても、ほぼ全てのビンがこんな感じなんですよね。

1402ラインについては、最初の2か月くらい全く食痕が出なかったために、masa氏に「いっぱい落ちてるかも?」みたいな不安を伝えていたのを記憶しています。


で、とりあえず、上記ビンから出てきたのは・・・

1402-141102-3.jpg

う~ん・・・良い感じのが出てきました。

1402ラインのオアシス投入分は、今日は5頭交換しました。

そのうち1頭は♂で24.5gと小さかったのですが、「4か月半経過しているにしては体色が白過ぎないか?」と思われるような個体で、まだ伸びるかな・・・という感じです。

そして、肝心の♀4頭は、16.3g、16.4g、16.2g、15.8gと平均して良いサイズのが出てきました。

僕的には1402ラインから、良い感じの♀が出てきたので一安心です。

とりあえず、今年のブリードはマツノ久留米12-1が絡むライン(1401~1403)のどれかが、結果を残してくれればOKですから・・・


一応、今日で自ブリ分の2本目への交換は終了しました。

あと、松野さんからの購入幼虫分が残っていますが、そちらは数も少ないので、11月中旬くらいにサクっと交換を済ませようと思っています。



10/31

こんにちは

今日はマツノ久留米12-1が絡むライン(1401~1403)を中心に交換をしました。

とりあえず、今回の交換では、前回エントリでも述べたように、早期羽化再チャレンジ個体の選抜が重要となってくるわけですが・・・・

結果から言いますと、オアシス投入分は余り体重は乗ってませんでしたね~。MAXで14グラム台です。

一方、LEVIN と E24 に投入した分は、まずまずの個体が出てきました。

この点、1403ライン(12-1×12-12)は、オアシス と E24 に投入しているのですが、E24 投入分は全て♂個体ということになっていまして・・・、そんわけで、1403ラインからの早期羽化用個体の選抜は諦めました。

代わりに、1402ライン(12-1×12-5)から2頭、早期羽化用個体として選抜し、更に、先の早期羽化チャレンジでもチョイスした1401ライン(12-1×12-4)から1頭選抜しました。


140120  16.2g

140210  16.2g

140212  15.9g


上記 3頭を早期羽化に回します。

杢目さんには「早期羽化を使う予定であれば、成功を前提に種親にするのに見合った体重の個体で挑戦すべし!」という言葉をかけてもらいましたが、上記3頭なら、まぁ、体重的にはそれほど問題はないのではないか・・・と思います。



さてさて、話は少し変わって・・・、

当初、食痕の出が悪くて、「ほとんどが♀個体なんじゃないのか?」と心配された1402ラインですが、今回の交換で、とりあえず、♂が3頭出てきました。

140208   32.6g

140209   30.8g

140211   32.0g


既に1本目投入から4か月半が経過しているので、幼虫体重的には、「まぁ、そんなもんでしょ~」って感じですが、幼虫の色的には、まだまだ伸びそうな色をしていますので、ここからの更なる伸びに期待です。

菌糸は全てE24です。オアシス投入分は、9月に交換した♂1頭を除き、まだ交換していません。

この3頭の♂のうち2頭は今月中旬頃から急に食いあがってきたような感じでしたね。E24は幼虫の食い上げをスローペースにするようなタイプの菌糸なんでしょうか?(笑)

ちなみに、未交換のオアシス分は、まだまだ白い部分がいっぱいです(笑)

・・・・って、笑ってる場合じゃないんですけどね・・・・



ちなみに・・・

画像はありません。

いつも使用している計測器の不具合により、急遽、仕事で使用している計測器を使用しました。この計測器・・・、いつも使用しているモノより性能は格段に上なのですが、ちょっと大きすぎるので、「これを画像としてUPするのはいかがなものか?」と思い画像撮影をしませんでした。

ごめんなさい。







10/28

こんにちは

10/3のエントリで早期羽化にチャレンジしていると書きましたが、3頭のうち1頭が蛹化しました。

う~ん・・・サクっと蛹になっちゃいましたね・・・

ちょっと想像以上に早すぎな感じです。

残り2頭も、シワが入ってきているように見受けられるので蛹化も近いのかな?


ちなみに、10/3のエントリでも書きましたが、これら3頭は2本目交換時での体重のノリはイマイチだったので、仮に羽化してもサイズは余り期待できません。

実際に蛹化した個体もかなり小さいように見えますしね・・・



さてさて、

「とりあえず・・・・」のつもりでやってみた早期羽化ですが、現在の構想としては戦力として来期ブリードに組み入れる気持ちでいっぱいです。

なんとか50ミリくらいの個体が欲しいです。ただ、今、蛹化している個体ではちょっと厳しそうです。

そんなわけで、ここ数日のうちに残りの♀個体の菌糸交換をする予定なのですが、その中から更に早期羽化向けの個体を選抜しようと考えています。

マツノ久留米12-1番が絡む♀個体を来期ブリードに使用したいと思っているので、前回と同じ1401ラインに加え、今回は割と好調な報告を受けている1403ラインからも選抜するつもりです。


とりあえず、1月中のやや早期羽化を目指して再度チャレンジしたいと思います。


10/16

こんにちは

秋晴れの良い天気です。

さて、

今期は自ブリでのライン数が少ないこともあって、松野さんより初齢幼虫を5頭購入(1頭オマケで計6頭)しているのですが・・・・

とりあえず、その購入した幼虫は♂1頭、♀4頭、そして途中で落ちたっぽいの1頭という感じです。

で、投入から既に100日が経過しているので、♂1頭の交換をしました。

結果からいうと、久留米としては27.6gという良くもなく悪くもなく・・・という数字です。

でも、正直言うと、28gは期待していただけに、僕的にちょっぴり残念感のある数字だったりするんですが・・・(笑)

2本目に期待しておきましょう~!


それはさておき・・・・

ついでに食い上げが進んでいる自ブリの♀4頭を交換したのですが・・・・

これがまた、小さくてね~

13g台が1頭、12g台が3頭と、まぁ、全てが全て見るからに小さい♀でした。

ちなみに、見たままで食い上げの良い4頭をチョイスしたのですが、偶然にも全て4番ラインでした。

これは・・・4番ラインは外したっぽいかな?

パワー系ならぬ貧弱系ですな(笑)

もちろん、結果を見るまでは、ど~なるか?はわかりませんが、ま、仮にハズレラインであっても、そういったラインは累代から切れば良いですから、そいういう意味では余り深く悩まないようにします。



おわり


«  | ホーム |  »

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

mind

Author:mind
国産オオクワ、中でもマツノ久留米系統に拘ってブリードしています

カテゴリ

はじめに (1)
ときどき雑感 (47)
14年久留米 (14)
15年久留米 (20)
16年久留米 (14)
17年久留米 (1)
組み合わせ (2)
マツノインセクト (17)
マツノ久留米 (1)
kmf通信 (2)
関西大鍬形研鑽会 (13)
オフ会 (18)
用品&設備 (13)
その他いろいろ (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

アクセス数

RSSリンクの表示

QRコード

QR