2017-07

補強幼虫

こんばんは

15年のブリードラインについては先日(7/1)のエントリで発表させていただいていますが、自ブリ以外にも幼虫での補強を行っています。

この点、ライン№1522も黒王さんからの幼虫補強です。これは自ブリでの幼虫採りが上手くいかなかった場合を想定して保険的な意味合いで押さえておいたものです。

ま、結果的には自ブリ分でもしっかりと幼虫は採れたのですが・・・・


さて、今回はそれとは別にマツノさんからの補強幼虫です。

僕自身、久留米派ブリーダーですが中でも「マツノ久留米」に限定している性質上、血統のバリエーションを増やすにはマツノさんからの幼虫での補強が手っ取り早い・・・という考えから昨年に引き続き、今年も幼虫での補強を行いました。

15-12
15-13
15-14
15-18
15-19
15-20
15-26
15-31

上記8ラインでの補強を行っています。

種親の血統背景を考えてのライン№の指定はしていません。

この点については、ブリーダー個々の考え方の違いもあるかと思います。

新成虫での補強が満足に出来なかったブリーダーは、その補強できなかったラインが絡む幼虫を・・・・、また誰とは敢えて書きませんが(笑)、独特のコダワリでライン指定するブリーダーがいたり・・・・

で、僕はマツノさんにお任せで「どんなラインの幼虫がやってくるのか?」をまず楽しみ、とりあえず、育ててみて、幼虫体重のノリが良ければ「おっ、これはもしかして当たりラインなのか?」と妄想したりすることを楽しんでいます。

これは自分でライン指定すると僕の性格上、特定の血統背景を持ったラインに偏ってしまいそうなのも一因としてあります。

ま、特定の欲しいラインはそもそも新成虫の補強という形で行いますので、それで十分です。



ま、そんなわけで、マツノインセクトより補強した8ラインの幼虫・・・、当たりラインは出ますかね?

1年後が楽しみです。






15年ブリードライン(7/3追記あり)

こんにちは

15年ブリードラインです


15年ブリードライン


ライン等により飼育数にかなりバラつきはありますが、15年の総飼育頭数は373頭です。

一応、1本目の管理表も既にデータは打ち込んであるのですが、特に1本目はそれほど急がなくても良いかな?と思うので、また暇なときにでもUPします。


(7/3)

1522ラインについては黒王さんから幼虫で補強したラインですが、この親♀MK4(52)について質問がありました。

この個体は、元を辿ればフォレスターさんの系統になるのですが、これについては松野さん自身が「100%うちの血統」というお墨付きを与えられており、提供先の黒王さん自身もマツノ久留米に拘ってブリードされていることから、当方でも純マツノ久留米と判断してブリードすることにいたしました。



全~然、足りません・・・・

こんばんは

月曜あたりから風邪気味で、そんな中、金曜にはオフ会にも参加したりして体調悪いまま昨日の1本目投入を迎えたわけです。

そして、昨日は1本目投入の疲れもあり、また風邪もスッキリしないので早くに寝たのですが、その介あってか?今朝、起きたら、かなり体調が回復していました。

そんなこんなで臨んだ1本目投入2日目ですが・・・・


今日の割り出し成果は、11セットで207頭(菌糸ビン投入は179頭)。


体調も回復して、かなり順調に割り出しを進めることができました。

そんなわけで、エントリタイトルに繋がるわけですが、菌糸が全~然、足りません・・・・

予定以上に幼虫、採れ過ぎです・・・・


もっとも、元々、飼育予定数を決めつけておく性格なので、幼虫が採れ過ぎたからといって追加で菌糸を増やしたりはしないのです。

この点、アプロさんに「ほら、あの時、400本にしとけ!と言ったでしょ・・・・」とツッコミを入れられそうですが、そもそも400本でも足りないことに変わりはないんですよね。

それに400本は16年ブリードから・・・と決めてますから。

ま、幼虫を必要数、採れなければ色々と苦労しますが、幼虫が余る分には苦労はしませんので菌糸が足りなくても全然OKです。


さて、残りは1セットで、残した菌糸は21本だったかな・・・・?

他ブリーダーに引き渡す余虫の一時保管用の菌糸カップまで足りなくなったので、今日は割り出しを諦めましたが、1セットくらいなら平日にでもサクっと割り出せますからね。

最後の1セットはマツノ早期が絡むライン・・・・・

産んでる気配はたっぷりなんですよね~。

21本で足りるかな・・・

プリンカップも用意しておいた方が良さそうですね。


では。


1本目投入開始

こんばんは

菌糸ビン1本目への投入を開始しました。とりあえず、本日は10ラインで157頭投入です。

まず最初に「こいつはダメっぽいなぁ~」という3ラインからスタート。

結果は、1頭、3頭、4頭の計8頭・・・・

予想通り、幼虫はほとんど存在せずこの3ラインは壊滅状態です。

ちなみに1頭しか採れなかったラインは、デジケース側面から、唯一、幼虫の姿を視認できなかったラインです。

このラインも1頭とはいえ、幼虫が存在していましたので、これで一応、昨年に引き続き全ラインからの幼虫ゲットとなりました(多分、そうなるはずです)。

数はともかく、なんやかんやで産ませることはできてるんですよね~。


そして3頭しか採れなかったのは・・・・

m&mコラボライン・・・・

ダメです。ほとんど、採れませんでした・・・・

昨年の幼虫が余ってどうしようか?状態とは全く逆の状況に・・・・

とりあえず、masaさんにはメッセを送って謝罪しました。

そして、頭数が少ないので、厚かましくも3頭全てを僕が管理させていただくということに・・・・

しっかり管理したいと思います。


その他のラインはしっかり採れています。

15年ブリで最も僕が期待する3番ライン(886系84mm♂×13-16♀)が最多の35頭。これはデジケース2セットでの数です。

次に期待の2番ライン(886系84mm♂×13-14♀)も、当初の予想を良い意味で裏切ってくれて16頭とそこそこの数は揃いました。

あと、デジケース1個あたりの最多頭数は5番ライン(886系84mm×13-37♀)で33頭。よく産んでますね。



とりあえず、今日は投入目標を150本に設定して作業しました。

1日150本投入できれば、400本体制になっても投入だけなら3日あれば完了できますからね。16年以降の400頭管理体制に向けての第一関門を突破した・・・という感じです。

ま、僕のところの場合は150本投入するのが大変というより、その投入したビンを1階から3階に運ぶのに結構、手間がかかるのです。


あと、使用菌糸は今日は全てオアシスです。

昨年は、あるラインに対して、7割オアシス、3割その他菌糸・・・という感じで割り振っていましたが、とりあえず、今年は優先順位の高いラインの幼虫には積極的にオアシスに入れていこうかな・・・・と。

残り12ラインで、未だ幼虫たくさんいるっぽい早期羽化♀3ラインなども残っているので総数で300頭を超えるのはほぼ確実だと思うのですが、そこから先が読めません・・・・

もし菌糸を余らすのならオアシスより他菌糸です。

とりあえず、明日もまずは重要度順に割り出していき、それを優先的にオアシスに入れていこうと考えています。


予定では、明日で投入総数300頭は超えて、残りを次週末の土曜日に投入して1本目投入完了~となるなずです。

コワいのは明日で終わってしまうことです。それは数が少なすぎることを意味しますから・・・・


では。


2セット目へ(5/28更に加筆修正)

こんにちは

産卵ケースをチェックしたところ、13-14♀が、丁度、ケース表面上に出てきていたので「少し早いかな・・・」と思いつつも、良い機会なので、2セット目のケースに移しました。

さて、現在のところ、5/24時点でデジケース側面から卵を視認することができたのは以下の通り・・・

15年産卵状況

全21ライン中18ラインで産卵を視認できています(単に見間違えてるだけかもしれませんが・・・・)。

新たに16番、21番で産卵を確認できました。これで未確認は1番のみです。

5/28の時点で1番も産卵を確認することができました。

1番は残念ながら未だ視認するに至っていません。一方、一番期待の3番は、側面をざくっと見た感じでもかなりの卵を確認できます。非常に良い感じです。

既に2セット目に移行した2番も期待値の高いラインなんですが、移行時に感じたことは♀にちょっと元気がないな・・・と。

1セット目でそこそこ産んでくれていれば良いですが、こればかりは開けてみるまでわかりません。

あと、産卵が懸念された早期♀ですが・・・、自ブリ♀はもちろん、羽化後3か月でペアリングしたマツノ久留米14-27も無事、産卵が確認できています。

もちろん、これら視認することができた卵がしっかり孵化するとは限りませんが、ま、現状を見る限りでは数はさておきライン数に関しては産卵では大外しは無さそうです。

ちなみに、去年の経験からは側面から視認できなくても中で産んでる場合もありましたので、視認できていない3ラインも期待はしています。

1番と3番の2セット目への移行は週明け以降に予定しています。

上手い具合に地表部に出てきてくれていると助かるんですが・・・・

残りの18ラインは、来週末あたりまでのセット予定です。来週後半からチェックして、♀を順次、セットから外していきたいと考えています。



«  | ホーム |  »

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

mind

Author:mind
国産オオクワ、中でもマツノ久留米系統に拘ってブリードしています

カテゴリ

はじめに (1)
ときどき雑感 (46)
14年久留米 (14)
15年久留米 (20)
16年久留米 (13)
17年久留米 (1)
組み合わせ (2)
マツノインセクト (17)
マツノ久留米 (1)
kmf通信 (2)
関西大鍬形研鑽会 (13)
オフ会 (18)
用品&設備 (13)
その他いろいろ (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

アクセス数

RSSリンクの表示

QRコード

QR