2017-06

「俺のイチオシ!」

こんばんは

関西大鍬形研鑽会(以下、KOK)の16年ブリードにおける通常のチャンプ争いとは別枠の特別イベントについて以前に少しお伝えしたかと思いますが、それが「俺のイチオシ!ライン」です。

これは各自が「イチオシ!」と思うペアリングを事前に決めておき、そのイチオシラインの中で最大個体を争うというものです。

一応、各メンバーのイチオシ!ラインが出そろいました

俺のイチオシ

上記図だけでは、「どういうラインなのか?」がちょっと不明瞭ですが、そのへんは各メンバーが、各自のブログでまた改めてラインの詳細を発表してくれることと思います。

とりあえず、なるべく早く各自のイチオシ!ラインを決定する必要があります。

というのも、この争いでは、ペアリング中の親の事故死は即!負けが確定します。

もちろん、肝心の幼虫を産まない時点でも負けが確定します。

産まないからといって、他で代替できないところにも面白さがあるのではないか?と思います。

ちなみに、イチオシ!ラインを仮に他のメンバーに里子に出して、里子先で最大個体が出てしまった場合・・・・

それは、提供者の利益になります。このあたりの他力本願アリなところも、ちょっと変わっていて面白いと思います。


さぁ、俺のイチオシ!ラインでは誰がトップを獲るのでしょうか?


新年会

こんにちは

昨夜は大阪でKOKのちょっと遅めの新年会でした。

いつもの居酒屋、そしていつもの個室で午後6時からスタートです。

今回は、てばきちさんがインフルに罹って欠席、masaさんもインフルから完全に復調しないのか?欠席だったのは残念です。



しかしっ!


今回はスペシャルゲストとして、

ブログ 虫屋兼クワ馬鹿の日常 でお馴染みの


庚午 虫蔵氏

に静岡より参戦していただきました。


KOK160305.png


いやぁ、相変わらずの虫蔵くんのマシンガンブリトークを約5時間、堪能させてもらいました。

皆で「ゲストに誰を呼ぶか?」ということをLINEでトークしていたとき、ダメ元で虫蔵くんに誘いをかけてみたのですが、誘って・・・そして来ていただいて本当に良かったです。

特に、虫蔵くんと初対面のシナンジュ改さん、アプロさんには良い刺激になったのではないでしょうか?


虫蔵くん、今回は参加してくれてありがとう!


あと・・・・

昨夜は、gatchさんも良い感じで飛ばしてましたね~。詳しくは、彼がブログで書いてくれんじゃないか?と期待しております。


会長は・・・・

まぁ、いつも通りでしたね(笑)3次会にまで行ってたら、確実に撃沈していたでしょうね~。ある意味、安定していると言えます。







忘年会

こんばんは

昨日は関西大鍬形研鑽会(KOK)のメンバー数人でプチ忘年会を開催してました。

「プチ」というのは、1次会だけで終了するから「プチ」ですね・・・・


ただ、そうは言っても、大手居酒屋で2時間経過したら、はい!終了~ではちょっと寂しいので、


鳥の道151220-1

昨日は南船場にある「鳥の道」という個人経営の居酒屋さんでオフ会を開催しました。

ここなら時間制約ナシに楽しめますから。

話のネタ的には、やはり3本目の交換状況が話題の中心でしたかね・・・・・


それにしても、昨日の面子(桑名鷹、シナンジュ改、アプロ、gatch)とは、この1年、本当によくオフ会を開催しました。

6回くらいは開催したのかな?

また、来年もいっぱいオフ会を開催しよう!と約束して解散しました。

KOKメンバーの皆さん、おつかれさまでした。

第2回総会

こんにちは

昨日は、関西大鍬形研鑽会(KOK)の2回目の総会でした。

まずは、

シナンジュ改さん、KOKチャンプ2連覇おめでとうございます!

そして、負けはしましたが、他のメンバーの多くが前年よりサイズUPに繋げているようなので何よりです。

年々、確実にサイズUPしていきましょう!


さて、

ここからはほとんどのブリーダーさんにとっては、ど~でも良い話です。

今回の総会での以下の議案について検討がなされました。

①来年の総会開催時期および第3代チャンプについて

第3回総会は今年とほぼ同じく7月中旬~下旬の開催で一致しました。

そして、チャンプ争いについては、一応の期限を第3回総会としつつ、羽化が間に合わない場合を考慮して、8月末までにより大型の個体が羽化した場合は、逆転でのチャンプ有りということになりました。


②15年度KOK活動について

オフィシャルなオフ会として、総会、忘年会、新年会、幼虫交換会の4回の開催が決定です。

その他、随時、プチオフ会を開催していきます。


③16年ブリードの企画について

先日、私mindの方から提案させていただいた「俺の一推しライン!」企画が承認されました。

16年の3/31までに各自が種親の組み合わせを決定し、その中から一推しのラインを選びます。

企画トップのブリーダーには、15年ブリード企画「88同腹対決」と同じく好きな昆虫ゼリー3箱が与えられます。


④桑名鷹氏の呼称について

ある時、桑名鷹氏が「俺を会長と呼ばないでくれ・・・」ということから一部、メンバーでは「鷹さん」と呼んでいましたが、どうにもしっくりこないので、やはり「会長」でいこう!という議案に対し、圧倒的賛成多数(反対1名)で承認されました(笑)

今後は桑名鷹氏は「会長」でいきます。


⑤チャンプの権利について

チャンプの権利は②のKOKのオフィシャルなオフ会での1次会および2次会でのタダ飯権利です。

なお、8月末までに、逆転でチャンプが誕生した場合、逆転チャンプは総会を除く3回のオフ会でのタダ飯権となります。


それとは別に副賞としてチャンプからの願いごとが1つ叶えられます。

前年は「オフ会を頻繁に開催すること・・・」がシナンジュ改さんからの願いごとでしたが、本年度のお願いは、16年ブリード企画「俺の一押しライン!」の各メンバーの一推しラインを里子として3頭貰い受けることができるというお願いになりました。

但し、幼虫の採取数が少ない場合を考慮して、10頭以上採れた場合に限ります。

10頭未満の場合は、2番手ラインから3頭をチャンプに里子として提供することになります。



以上、その他いろいろ細かいことも決めましたが、昨日も楽しい一時を過ごさせていただきました。

KOKメンバーの皆さん、おつかれさまでした。







幼虫交換会(追記訂正あり)

こんばんは

今夜はKOKのYG派メンバーが幼虫交換会を開催するというので、久留米派の僕も何故か?参加してきました。

ま、早い話・・・・クワフレンドと単純にワイワイと騒ぎたかっただけです。

僕にはYGの幼虫交換は無理なので、一応、今夜の店の手配だけでもさせていただきました。

そして、時々開催しているプチオフ会とは異なり、一応は「KOKのオフィシャルな集まり・・・」と一昨日の夜、ツルの一声でそういう風になったので初代チャンプのシナンジュ改さんにとってはとりあえず最後のタダ飯権利行使の機会ということになりました。

来月のKOK総会では新たなチャンプが誕生するので、そこから1年、次のチャンプのタダ飯権利がスタートします。


さて、

KOKとしては、年間王座決定戦でチャンプを獲ることが参加メンバーの1つの目標でもあります。

それとは別に14年ブリードでは、皆さんもご承知のように関東の半クワ倶楽部さんとの東西対抗戦が開催されています。

ま、この東西対抗戦については、かなりヤバそうな雰囲気が漂っていますが・・・(笑)


では、15年ブリードでの年間チャンプとは別のKOKとしてのお楽しみは何にするか?

少し前に、アプロさんより企画の提案がありました。

題して「88同腹対決!」

具体的には、KOKメンバーが所有する88同腹の幼虫からの羽化成虫のサイズを競う・・・というものです。

これは従来のチャンプ争いとは別枠ですが、もちろん、KOKチャンプとの2冠達成もあり得るわけでして・・・・

そして、ヒキの強い方は逆チャンプ2冠もあり得ます(笑)


そしてその88同腹対決のルールはというと・・・・

事前の話し合いでは

・チャンプには賞品としてゼリー1ケース

・各自が産卵させた88同腹幼虫のみ使用可


ということでしたが、今日の協議で、

・好きな銘柄のゼリー3ケース

・各自プロデュースの幼虫のみならず、交換&購入幼虫もOK

・88同腹のみならず直仔もOK(6/21追記)

ということになり、これを2位以下の人達がお金を折半しチャンプの自宅へ送り届けます。

ま、ゼリー3ケースなら各自の負担もそれほど多くないですね。

ちなみに、その段取りは全てヘボい成績の88逆チャンプが行う・・・と。

KOKチャンプも88チャンプも共に来年7月開催予定の総会で決定することとなっています。

ちなみに、その88同腹個体は、gatchさんが♂2頭、rokuoさんが♂1頭、桑名鷹、シナンジュ改、アプロ3名の共同購入で♂1頭そして僕mindが♂1頭、♀2頭所有しています。

88同腹個体を所有していない、てばきちさんには今回の交換により・・・・

そして、88同腹個体を所有しているにも関わらず幼虫が採れていないという噂のrokuoさんにもシナンジュ改さんが里子を提供する・・・・

・・・・ということでそれぞれ飼育数に違いはあるものの、とりあえず参加条件は満たしているのかな・・・・と。


ま、単純に飼育数で考えれば、88同腹個体を複数所有しているgatchさんや僕が有利なので「ライン数に上限を設けるべきではないか?」という議論もありましたが、ライン数を揃えることもブリーダーの力量ということで、この案は無になりました。

ま、通常のチャンプ争いやビークワギネスもライン数に制限なんてしませんからね・・・・

とりあえず、KOKメンバーとしては楽しみな企画が始まりました。


あっ、そうそう、肝心の幼虫交換会ですが・・・

「皆、どんな幼虫を持ってくるのか?」と興味がありましたが、88同腹からの幼虫やGullさん、ワイドカウさんといった名の知れたブリーダーさん由来の幼虫が活発に交換され交換会としては、かなりの成果があったのではないでしょうか?

あとは、これを羽化個体の大きさに結びつけるだけ・・・・・なんですが、そこが一番の問題ですね。



次はいよいよ来月の総会です。これまた楽しみです。

«  | ホーム |  »

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

mind

Author:mind
国産オオクワ、中でもマツノ久留米系統に拘ってブリードしています

カテゴリ

はじめに (1)
ときどき雑感 (44)
14年久留米 (15)
15年久留米 (20)
16年久留米 (14)
17年久留米 (1)
マツノインセクト (17)
マツノ久留米 (1)
kmf通信 (2)
関西大鍬形研鑽会 (12)
オフ会 (18)
用品&設備 (13)
その他いろいろ (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス数

RSSリンクの表示

QRコード

QR