2017-05

新年会

おはようございます。

昨夜は関西オオクワガタ研鑽会(KOK)の新年会でした。

えっ?まだ、活動してたのかって?

一部、サヨナラ状態のメンバーもいますが(笑)、まだまだ元気に活動してますよ。

さて、

オフ会は、いつものように4時頃から、いつもの喫茶店でゆるりとスタートです。

その後、6時から1次会スタートです

170226.png

オフ会の内容の大半は、面倒なので省略するとして・・・・

とりあえず、17年のKOKの勝負ネタが決まりました。

①通常のチャンプ争い(最長個体)

②俺のイチオシ!ライン

③MAX幼虫体重争い


の3本立て!

①の賞品は、オフィシャルな集まり(総会、忘年会、新年会)でのタダ飯権利

②の賞品は、ゼリー等(←ここ重要!)豪華でエロな景品(※)

③の賞品は非オフィシャルな集まりでのタダ飯権利(1回のみ)


(※)賞品を準備するのは最下位のブリーダー。但し、このへんのチョイスでステキなセンスを発揮するアプロさんにお願いするのもアリ?


さて、次回のオフ会は6月頃、これまた恒例の「幼虫交換会かな?」・・・・・という発言したところ、謎の人物Kが「それ、間が空きすぎやろ?」という一言で、4月中旬頃に開催することが決定しました。

更に6月の幼虫交換会、7月の総会日程もほぼ決まりました。

現在、開催が決定している3つのオフ会の何処かで、またゲストブリーダーさんをお招きしたいですね~。

あとは、シナンジュ改さん所望のKOK版ガンダムオフ会も開催しなければなりませんし・・・・

今年もKOKは、そこそこの回数のオフ会を開催できそうです。楽しみです。


豊橋オフ 3 &マツノインセクト23

こんばんは

昨日はオフ会参加のために豊橋に行ってました。

まずは朝9時過ぎに、kmfメンバーと集合したあと、スタバで17年ブリードの打ち合わせをしました。

ただ、ちょっと寝不足だったためか非常に眠かったです。

でも、かっちゃんの方がもっと寝不足なんですけどね・・・・・




その後、12時に他の豊橋オフ参加メンバーと合流して、まずは豊橋駅内で昼食を・・・・

170218-2.png

↑豚テキ定食(大)

昼時ということもあってどの店も混雑していましたが、割と空いている店がラーメン屋だったので「夜のことを考えると、さて、どうよしうか?」と思ったのですが、ラーメン以外のメニューもあって良かったです。

ちなみに、dapさんも、ここはラーメンではなく餃子をとライスを注文してました。


昼食後は、とりあえずマツノインセクトへ

ただ・・・・

車はFishdoctorさんの一台しかないので、僕と杢目さんは電車でマツノインセクトへ。

電車での移動はちょっと新鮮でした。


そんなわけで、とりあえず、

170218-1.png

今回のマツノインセクト入店画像コレクション(?)は杢目さんに協力していただきました。


とりあえず、松野さんのところには4時頃までいましたかね・・・・

途中、所用で遅れてやってきたmasaさんも合流しました。


さて、夜の部です

170218-3.png

↑店は3年連続で駅前の居酒屋「月あかり」

170218-4.png

↑参加メンバーの集合画像

ここから3464さんも合流です。

オフ会の詳細は他の参加メンバーに任せますが、中盤あたりから酔っ払いモードに突入した虫蔵くんの言動、そしてmasa君とかっちゃんのやりとりは面白かったです。

あっ、そうそう、最後に松野さんがmasa君に言ったツッコミにはウケました。ま、このあたりはmasa君が自身のブログで報告してくれるでしょう。

我々ブリーダーはもちろん、松野さんも2代目も楽しんでおられるようでしたので良いオフ会だったと思います。

とりあえず、1次会で松野親子と3464さん、虫蔵くんとはお別れ


2次会はdapさん主催?のサラサラ会

170218-5.png

今回は過去2回の豊橋オフで行った四天王さんではなく、新規のラーメン屋さんへ

塩ラーメン、僕的には旨かったです。

さて、dapさんの評価は?


3次会は夜の宴会部長masaさんが舵取りを・・・・

ここで僕とFishdoctorさんはホテルに戻りました。ホテルのロビーでFishdoctorさんと少し雑談・・・・

そう言えば、今日はFishdoctorさんとは余り話をしていませんでした。ま、普段、頻繁に電話では話をしているので、少しくらい話をしなくても問題ないですけどね・・・・


そんな感じで長い1日が終了しました。

参加してくれた皆さん、ありがとうございました。とりあえず、来年の第4回豊橋オフも、また宜しくお願いします。


さて、次の週末は、いよいよホームでの新年会です。こちらも楽しみです。

さて、早期羽化♀をどうするか?

おはようございます。

「どうするか?」って、もちろん、17年ブリードで使用するために早期羽化させているわけですから使用するのは当然なのですが・・・・

久留米には未だ表・裏という区別があったりで、17年は表年になるわけです。

そんなわけで、17年は通常羽化した♀個体をメインに使用し、早期羽化♀の数は3~4頭に絞る予定でした。

しかし、16年ブリードの早期♀使用の狙いは、久留米では裏年と言われる16年に表年の個体を大量に持ってきて裏年の表化を図ることでありまして、事実、3本目交換時の♂の体重乗りから判断するに、その狙いはある程度、成功したと言えます。

そんなわけで、途中経過ではありますが・・・、16年ブリードの経過を見る限り、「僕のところでは表・裏の区別はかなり解消されたのではないか?」ということで、17年ブリードにおいても16年ブリードの♀を早期羽化させた個体を積極的に使用していきたいと考えなおしました。

とりあえず、17年ブリードに向けて仕込んだ早期♀のラインナップです

早期羽化170117
(一部、複数いるラインあり)

15年ブリードでは30頭くらい早期♀を仕掛けたのですが、16年ブリードでは前述のとおり、元々、そんなに数を使用する予定では無かったこともあって仕掛けている頭数が少ないです。

そんな中でも、割と3本目交換時の♂の体重が乗っているラインの♀の早期を仕掛けていることができているので、良かったなぁ~と思います。

ちなみに、1606は、平均体重が他のラインに比べてやや見劣りしますが、これは1頭だけ27gという♂がいまして・・・、こいつが平均値の下げに大きく寄与してくれています。そのイレギュラー的な個体を除けば平均体重も他に見劣りするものではありません。

この中から7頭くらいを17年ブリードで使用したいと考えているのですが・・・

さて、

どのラインの早期♀を使用するか?

どういった組合せにするか?

僕的には、もうある程度は決めているのですが、来月中旬あたりに、複数の久留米ブリーダーさんとお会いする機会がありますので、その時に、色々、情報交換をして、それも判断の材料として加味したいと思っています。






1/21

こんばんは

今日は昼に黒王さんと会って少しクワトークをしてました。

さて、

その黒王さんのところに、先日、Fishdoctorさんから封書が届いたそうです。

黒王さんも「一体、何の通知がきたのか?」と思いつつ、開封してみると・・・・

170121-2.jpg

笑。

機密情報の内容はさておき、「書類送付案内」を添えるあたりは、Fishdoctorさんの几帳面な性格がとてもよく表れているような気がします。

ちょっと個人的にウケたのでブログネタにしました。


さてさて、ブリードの方は、冬温度に向けていって調整しています。来週あたりには、冬温度に到達するでしょうか?

そうなると、ブリード面での作業としては、加湿器のタンクに水を補充するくらいですかね?

ブリードの思考的な部分としては、17年ブリードに向けての組み合わせを再考しています。

16年ブリード個体の体重経過とか早期羽化♀とか・・・・

色々な面を考慮要件に入れて、組合せを考えています。

ま、その組み合わせも2月中旬までには、ある程度、固めたいと思っています。


次回エントリでは、とりあえず、早期羽化♀についてエントリを書こうかと思っています。

ま、大した内容ではないですが・・・・・




3本目交換終了

こんにちは

3本目の交換が終了しました。

管理表はUPしませんので、軽くまとめておきます。

まずは主な個体の体重分布です。

16年体重分布

40gUPは、02番、03番、04番、05番、06番、07番、08番、09番、10番、11番、12番、14番、15番、17番、21番、22番、24番、25番、26番、27番の20ラインから計36頭出ています。


一応、計算したので書いておきますが、35gUP率は約84%です。

ただ・・・

この点については昨日、Fishdoctorさんやgatchさんとも話をしたのですが、現状、3本目の幼虫体重が羽化サイズに反映されやすい久留米で35gって、84~85mmくらいのサイズですよね?

久留米でも88mm台が羽化する現況を鑑みると、35gUP率を計算するのは良いですが、公表までする必要性は非常に乏しいのではないか?と・・・・

そんなわけで、僕自身は35gUP率は16年シーズンを最後に当ブログでは公表するのはストップしようと思います。


さて、

約1年前のエントリで「一応、課題は見えているつもりです。16年ブリードではそのへんの課題を克服して、3本目交換時に、体重の乗った幼虫をより多く作出できるようにブリードしたいです。」と書いたのですが、3本目交換時の幼虫体重という点では、多分、その課題は少し克服できたと思います。

ただ、現状では頭数の多い39~40g台ではKOKチャンプを獲るには、ちょっと足りない気がします。

KOKの他のメンバーも40gUPは普通に出してきますからね。

そんなわけで、KOKチャンプを獲るために、より大きい幼虫をたくさんブリードして完品羽化する確率を少しでもUPしておくようにしたいと思います。

とりあえずは17年ブリードでは3本目交換時に42g・・・・出来れば43g以上の幼虫を15頭くらいは出てくるようにしたいです。

黒王さんもkmfの二人も、見据える先はやはり42~43g以上、欲を言えば、もっと大きいサイズの幼虫をいかに多く出すか?であると・・・・

そのためには、僕自身、更なる進歩が必要になってきます。

キビシイ戦いが続きますね~。



«  | ホーム |  »

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

mind

Author:mind
国産オオクワ、中でもマツノ久留米系統に拘ってブリードしています

カテゴリ

はじめに (1)
ときどき雑感 (43)
14年久留米 (15)
15年久留米 (20)
16年久留米 (14)
マツノインセクト (15)
マツノ久留米 (1)
kmf通信 (2)
関西大鍬形研鑽会 (10)
オフ会 (18)
用品&設備 (13)
その他いろいろ (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス数

RSSリンクの表示

QRコード

QR